年末年始臨時休診のお知らせ

12月28日(水)は午前のみの診療です。  12月29日(木)~1月4日(水)は休診いたします。  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。    

2009年6月26日金曜日

時代の終焉

日本では忌野清志郎が死去したのは、ついこの前のことでした。

昭和の時代には、ほとんどの日本人はアメリカからの文化に毒されていました。音楽もドラマも映画も、アメリカ物が一番。日本には聞くべき音楽もなく、見るべき映画もないとでも言わんばかりだったのです。

清志郎はそんな時代に、日本の音楽を主張できた数少ないミュージシャンだったと思います。

今朝のニュースで、まずびっくりしたのはファラ・フォーセット死去でした。アメリカのテレビ・シリーズであった「チャーリーズ・エンジェル」で日本でも一気に人気がでました。

当時はこのポスターはどこに行っても見ることができました。シャンプーした後に、ドライヤーでぼさぼさに乾かしたような髪型が話題になり、多くの日本の若い女性は真似していたといいます。

つい数日前にガンで闘病中で、かつてのパートナーだったライアン・オニールが求婚したという話題を聞いたばかり。またこれで時代の終わりを感じるわけでした。

と、思っていたらさらにびっくりのニュースが飛び込んできました。マイケル・ジャクソン死去。この人、同い年なんです。ビート・イット、スリラーのあたりは、まさにアメリカン・ポップスの王様でしたが、そのあとは痛すぎる。

最近はイギリスで復活コンサートをするって、本気かいと思っていました。まぁ、亡くなった方をとやかく言うモンじゃありませんが、尽きるべくして尽きたという気がしないでもない。これも時代の終わりの一つであることには違いありません。