2009年8月25日火曜日

夏休みの宿題

8月もはおしせまってまいりました。もう1週間をきりましたよ。生徒・学生の皆さん、夏休みの宿題は大丈夫ですか。

自分も、せっせと最後の数日にたまった絵日記を書いたり、工作に励んだりしたものです。特に何を作って提出したという思い出もほとんど無いのですが、ただ一つ。これだけはというのが昆虫採集。

今でも渋谷駅から宮益坂をあがった青山通り沿いに、志賀昆虫というその道では知らぬ者のいない老舗があります。40数年くらい前の自分の少年の頃からあるわけですから、いったいどんだけの歴史があることか。

まあ、そこに行くと昆虫採集をするための道具はピンからキリまで揃うわけで、ある小学生だった夏に一式を揃えてがんばりました。

虫を捕まえるために出かけたのは、都電(路面電車)の青山車庫。青山車庫が廃止になったのは1968年なので、たぶん小学校中学年ころだったんでしょう。

都電の車庫というのは、昼間には電車が出払っていますから、こどもが遊びたい時間帯には広大な空き地と化していたのです。今ではかんがえられないのですが、入り放題、遊び放題。虫取り網を振り回して遊ぶには、十分すぎる広さでした。

蝶々、アゲハ、バッタ、カブトムシ。クワガタムシ、トンボなど、たいていの虫が採れました。標本箱にきれいに並べて宿題の自由研究として提出しました。

ただ、くやしいのはトンボの王様、オニヤンマだけはいませんでした。もっとも、今では都内で昆虫採集できるところなんてあるんでしょうか。

4 件のコメント:

knys さんのコメント...

オニヤンマは捕まえるのも難しいですよね~。小学生の頃にたった一度だけ捕まえることができたのを覚えてます。

子供ながらに好き嫌いがあって、ギンヤンマ派とオニヤンマ派がいましたが、私は断然オニヤンマ派でしたね。

亜沙郎 さんのコメント...

キャンプ場に行くと、よくオニヤンマを見かけますよね。そのたびに、昔作った昆虫採集の宿題を思い出します。

オニヤンマを簡単に捕まえていたら、思い出すこともなかったのかもしれません。こどもの時の思い出をつなぐキーワードの一つなんですかね。

ドクターフリッカー さんのコメント...

青山に比べると、当時から京浜工業地帯の一角の「都会」に住んでいた私は、
小学校4年のとき、友人らと勇んで重装備で第一京浜沿いの「品川神社」と言うところに昆虫採集に出かけましたが、
クワガタ、カブトムシはおろか、アブラゼミも捕獲できず、暑いのでそうそうにプールに行ってしまったことがあります。

亜沙郎 さんのコメント...

渋谷は、都電の車庫とか明治神宮とか、けっこう虫が生息しやすい環境だったんでしょうかね。品川も探せばそういう場所はあったんじゃないでしょうか。

養老先生じゃないですが、最近は虫を嫌うことが多いので、昆虫採集なんて考えもしないのでしょうね。