2009年9月3日木曜日

インフル会議

衆議院議員選挙は事前の予想通りの結果となり、一大変革をした割には急速に冷めてきているような気がします。他に大きなニュースもなく、この数日はさざ波の立たない平穏な日々・・・

今夜は区役所の会議。新型インフルエンザの感染が流行して、強毒性への変異を想定した場合の対策についての協議会です。

いまだワクチン接種については、海の物とも山の物ともわからない状態ですし、厚生労働省の発表するいろいろな数字も、何を根拠にしているのかよくわからない。結局、過去のスペイン風邪とか香港風邪などの記録をもとにしているようです。

実際のところ、その頃とは人や物の流通の量も速度も違いますし、医療の体制もまったく違いますから、いろいろなことを想定する根拠としてははなはなだ心許ない。

とりあえず間違いなく言えることは、備えあれば憂いなしという状況に変わりありません。

ところで、整形外科医のくせになんでそんなにインフルエンザに興味があるかというと、やはり関節リウマチの患者さんの診療をしているからなんです。関節リウマチの治療では免疫機能を押さえ込む薬を使っています。

そのような患者さんでは、ふだんは気にする必要がないような弱毒のウィルス・細菌などが問題を引き起こす可能性が高まっていることは確実です。いわゆるハイ・リスクというわけ。

通常の季節性インフルエンザについても、ワクチン接種は基本的には推奨されています。ただし、どこまで気をつけるかという一定のコンセンサスはありません。

とにかく、成らないにこしたことはありません

3 件のコメント:

あざみ野棒屋 さんのコメント...

ほんとに大して話は進んでいないんですね。私がシドニーに行っている間に、総理大臣指名とか、組閣とか、そこまで行かなくても、連立を組む見返りに、どの大臣ポストをどの党にやるとか、そういうところまで行っているのかと思いました。
教授が1年ぐらい空席でも医局が混乱しないのと同じで、総理も1ヶ月ぐらいいなくてもOKなんですね。

匿名 さんのコメント...

おはようございます。
う~ん、消毒用アルコール、ウェルパス等が問屋さんにもなく、困り果てています。
ウェルパスを扱う工場では、生産が間に合わないとか。
sでも、消毒用アルコールは、問屋さんにないので、ネットで検索し発注し、来週初めには、着予定です。
そちたでは、いかがですか?

また、お口の中を扱う仕事ですので、強力なマスクを4月末よりつけて、夫は仕事をしております。で、そのマスクも、数ヶ月分備蓄済みです。

亜沙郎 さんのコメント...

> あざみ野棒屋先生
おかえりなさぁ~い。
先生のお休み中は、何人か受付で荒井皮膚科を紹介したようです。
それにしても、日本は政権交代した虚脱感というか、自民党の情けなさというか、なんかエアポケットに入ったみたいな感じがします。

> 匿名さん
あまり神経質になってもというところと、十分に気をつけないとということもあって、混乱が続いていますね。
とりあえず、街中マスクというばかげたことにはならないようにとは思いますが・・・