あすなろ整形外科クリニックからのお知らせ

年末年始は12月29日(金)~1月4日(木)を休診します
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします

2009年10月28日水曜日

喋り

今日は久しぶり、本当に久しぶりに一日中喋り続けでした。

医者の仕事は、実際にやっていることと言えば、ほとんどが喋りです。朝から晩まで、独演会みたいなもんです。

この喋りというのは、本当に疲れるんです。一般の方で、いくら話し好きの方でも、医者ほど喋り続けることはないと思いますよ。

喋るというのは、呼吸のうちの息を吐く方の連続ということです。人は酸素を吸い込んで、二酸化炭素を吐くことで呼吸をしているわけです。喋り続けていると、体の中の二酸化炭素が欠乏してしまい、ぼーっとなってくる。

時々、ゆっくりと深呼吸をして、二酸化炭素を少し体の中に貯めていかないと、意識を失ってしまいそうです。

パソコンの来院者リストを見て、ここで一区切りつきそうだと思っていて、区切りの患者さんの診察をしていることがあります。

今日はその患者さんが終わると、また1人来院されているという状態でした。なかなか休憩するタイミングがなく、けっこう消耗した感じでした。

患者さんがまとまって来院された場合は、どうやっても待ち時間はでてしまうわけで開き直ってやるしかありません。ところが、ポツンポツンと患者さんが来る場合には、1人に使う時間ものんびりペースになるので、気が付くと結局待ち時間が多くなってしまうことがしばしば。

とにかく、専門用語をできるだけ使わず端的に説明していくことを心がけていると、やはり喋りの量ほ減らすわけにはいきません。二酸化炭素が減っていくのも、医者としては歓迎すべきことなのかもしれません。

4 件のコメント:

ドクターフリッカー さんのコメント...

空いている時は空いているで「気が気でない」し、混んだら混んだで「気ぜわしく」なってしまい、なかなか思うように行きませんね。
インフルエンザ予防対策で「マスク」をして診療していると「過換気」対策にもなるかも知れませんが、水分で咽喉を潤すことが出来なくなるので一長一短というところでしょうか。

亜沙郎 さんのコメント...

次から次へと話し続けるというのは、本当にしんどいですよね。内科の先生は、今の時期マスクは必携でしょうからなおさらです。
そういう意味でも、勤務医の時は外来をしているより手術している方が楽でした。

あざみ野棒屋 さんのコメント...

そうそう、手術日の前の日は、2次会に行きましたが、外来の前の日は早く寝ていました。外来は神経使います。手術は、その患者さんだけに集中すればいいので、楽です。

亜沙郎 さんのコメント...

そうですよね。手術は外科系勤務医の心のより所みたいなところがありますよね。
内科の先生は、どういうところでリラックスするんでしょうか。
まぁ、開業医になるとひたすら外来なので、どこかでリラックスしているわけですけど。