あすなろ整形外科クリニックからのお知らせ

年末年始は12月29日(金)~1月4日(木)を休診します
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします

2012年7月9日月曜日

どうせ人生で敗北したことなんてないでしょう

5年くらい前に、ある知人に言われた言葉です。相手はだいぶ酔っていたので、そんなことを言ったなんて覚えていないでしょうね。でも、酔っているだけに、本音の部分が出たのではないかと思います。

これがけっこうグサっと心に刺さって、いまだに何となく引きずっている。自分はいろいろ大変で苦労している。それに比べて、医者のあなたはボッチャンで苦労知らず。そこで、「人生で敗北したことなんてないでしょう?」となったわけです。

7年前にクリニックを開業して、事前の計画では1年で赤字がなくなるはずで、意気揚々としていたはずの頃ですが、実際はそんなに甘いものではありませんでした。

どんどん貯金は無くなって、テナント料は半分を待ってもらい、子供の学費も滞納。クリニックは自分と家内と受付一人というわずか3人だけでやっていた頃です。 ある意味、人生最大の難局と言えるかも知れません。

お金をかけずに自分でできることは何でもやりましたし・・・おかけで体重もずいぶんと減って、体だけはいたって健康というのも皮肉なものです。丸3年を過ぎてやっと赤字から脱して、少しずつ経営に余裕ができるようになり、スタッフも徐々に増えました。

とは言っても、今でもスタッフは5人で、たいていの整形外科クリニックからすると患者さんの数は2/3くらいでしょうか。でも、そのくらいのペースでないと、なかなか自分のやりたい診療ができないと思うので、まぁいいかなと思うこの頃です。

実際のところ、「人生に敗北する」と言うことは、「死」ということだと思います。自殺でもして自ら死を選択しない限り、真の意味で人生に敗北する人はいないと思うんですよね。どんなにどん底でも、まだいろいろ頑張っていられるうち、つまり戦う姿勢を見せているうちは負けではありません。

その言葉を自分に投げかけた人も、たぶん自身が敗北したとは思っていなかったことでしょう。現実に、今でもそれなりに順調に仕事に精を出しているように見えますから。

結局のところ、ごく少数のぼろ勝ちする人もいますけど、ほとんどの人生ではちょっと勝利という感じなんではないかと思っていたりします。そまでの起伏は大きい方が、人としてより成長ができるのかもしれません。

2 件のコメント:

knys さんのコメント...

私は会社の先輩にミーティングの最中にもっと酷いこと(?)を言われたことがあります。酔っていない時にそこまで言えるのもある意味すごいと思います。人として信用できないことがよく分かったので、それ以来、少なくとも私から話しかけることは止めました。

私は人生に勝った負けたは無いと思います。何がどうなろうともその人の人生に変わりありません。どうしても勝敗をつけたいのであれば、(自分が思い描く)「理想の自分」と「今の自分」を比べればいいと思います。そうすれば負けたとしても自分に負けただけ‥少しは納得が行くでしょう。

なんて‥ついつい、人のことは羨ましく思っちゃったりするんですけどね。

亜沙郎 さんのコメント...

理想の自分と勝負するのは、ちょっときついかもしれませんねぇ~。理想はどんどん高めていけるのがいいように思いますし。
まぁ、確かに人生に勝敗をつけること自体が無理がありますよね。