2012年7月13日金曜日

悲しきミミズ

畑だったら、土を耕してくれる働き者とほめられる
鳥たちからは、おいしい餌としてねらわれる

暑くなると、地面から出てきて涼をとるのか?
ところが、そこはアスファルト
車がきて、ふまれてペッチャンコ
夏の日差しでカビカビにかわいて無残な姿

都会では、何のために生きているのか
愛くるしい姿、とも言えないし
お気の毒というか、なんとも悲しい

0 件のコメント: