2015年1月22日木曜日

腕時計

中学入学のお祝いというのは、自分の頃は定番が腕時計か万年筆あたり。自分は腕時計を親からもらって、以来40年ちょっと、ずっと時間に縛られて生活しているという・・・

それが嫌ではありませんが、もうここまで来ると時計が無いと落ち着かない気分になります。ただ、時間を知るという「基本的機能」がしっかりしていればいいので、付加価値部分については、どうでもいい。

今は、装飾がいろいろあって、楽しいのですが、自分が必要なのはアナログの針。ぱっと見た時に、視覚的・直感的に時間がわかる。

デジタル表示はあればあるで、まぁ困らないのですが、ストップウォッチを使う事もないし、ワールドタイムが必要な場所に行くことも無い。

仕事から、いろいろと汚れたり、傷をつけるようなことも多いので、実用第一。数千円のものは、大人として寂しいし、数万円出すのはもったいない。というわけで、ひたすら1万円程度のものを使い続けているわけです。

昔は手巻きとか自動巻きが多かったのですが、小さい電池が内蔵されるようになって1~2年は、比較的正確な時間を刻むことができるようになりました。

今時はソーラー充電が当たり前。しかも、電波時計で時刻あわせもおまかせで正確。大変便利でいいのだけれど、冬になって時計が袖口に隠れていることがおおくなったせいなのか、充電が切れてしまい止ってしまいました。

光の下に持っていって再充電したのはいいのですが、今度はどうにも時刻がぴたっとならない。何度やってもダメで、無駄に針がくるくる廻って、またもやせっかくの充電が無くなってしまうという困った事になりました。

このあたりが、安い外国物の悲しいところで、マニュアルがしっかりしていないので、合わせ方がいまいちよくわからない。ネットで探しても、困っている人はいるのですが、どうするかははっきりしないのです。

しょうがないので、またもや1万円くらいの時計を探すという事態になりました。今回は、多少安っぽい感じでも、何かと安心な日本製で探したいと思います。

0 件のコメント: