2016年11月10日木曜日

アメリカの本音


う~ん、むむむむ、と思わず世界中がうなったのは、次期アメリカ大統領選挙の結果。

大方の予想を覆し、政治家としての実務経験がほぼゼロのドナルド・トランプ氏が勝利し、次期大統領に決定しました。

自分のような政治素人が、ましてやよその国の住人が口を鋏むなことではないのはわかっていますが、そんな人間すら愕然とさせるだけのインパクトのある出来事だと思います。

いろいろな色眼鏡を通してのメディア情報でしかトランプ氏のことはわかりませんが、これまで伝えられたトランプ氏に関することは、歓迎できかねることばかりでした。

本当に、これまでに彼が口にしてきたこと・・・例えばメキシコとの間に壁を作って、その費用はメキシコ支払わせるとか、現実に実行できるとは思えないようなことばかりです。

政治の世界の「本音と建て前」は重要で、その微妙なバランスで内外の均衡を保っているんだと思います。

もしも、彼が公言してきたことを本当に実行するなら、アメリカと関係国との間は相当気まずいことになると考えるのは容易なことで、日本についても多大な見直しを迫られることになることは間違いありません。

しかし、一番怖いことは、トランプ氏一個人ではなく、彼を支持するアメリカ国民が過半数を超えているという事実ではないかと思います。

すでにある程度わかっているヒラリー・クリントンの政治家としての実力よりも、まったく未知のトランプに期待するアメリカ人。彼らの本音を代弁してきたのがトランプ氏であり、アメリカ国内の何らかの閉塞感が建前を打破した結果なのだろうと思います。

アメリカはこれまで戦後国際社会の中で、「世界の警察」を自認し、その誇りの元に強大な影響力を確固たるものにしてきました。その結果、アメリカ国内には多くの我慢を強いてきたのかもしれません。

特に、2000年以後、つまりアメリカ同時多発テロ事件により、アメリカの多くの市民は「何で、他所の国のことにそんなに手をださないといけないんだ」という不満が加速しているのではないでしょうか。

しかし、アメリカは政治的・経済的・軍事的に他国に介入して国としての力を増大させてきたわけで、トランプ氏の「本音」は国力を低下させる可能性が高く、アメリカ人が培ってきた誇りを捨てることにつながりかねない。

もう、他所のことなんかどうでもいい。周りにいい顔して、いろいろなものを背負い込むのはうんざりだ。好きなことをやりたいようにできればいいんだ・・・そんな、アメリカ人の本音が見えたことに衝撃をうけるわけです。

0 件のコメント: