2017年2月12日日曜日

スノーマン


雪達磨というと、純日本製という感じ。

たまたま見つけた、ちょっとかわいい雪だるまです。しかも、親子? らしい。

もう、見ているだけでほのぼの感がはんぱない。

誰が作ったかはわかりませんけど、幸せを振りまく傑作じゃないでしょうか。

雪だるまは英語だと、snowman ですから、直訳すると「雪男」で、雪男というとヒマラヤあたりにいるんだかいないんだか・・・

でも、「スノーマン」は1978年に出版された、レイモンド・ブリッグスの大ヒットした絵本。言葉が無く、絵だけでストーリーが理解できるところが世界中で人気が出た理由でしょうか。

映像化もされて、音楽だけで台詞のないアニメーションとして、誰もが楽しむことができました。うちでも、こどもたちが小さい頃に、何度も何度もビデオを見ていたました。

気温が上がれば溶けて消えてしまう雪だるまですが、そこがちよっとせつないところ。でも、自分は溶けても、言葉なんて無しで見るものの気持ちをほぐしてくれるんですね。

0 件のコメント: