2017年2月18日土曜日

麒麟


首の長さならダントツで一番の動物がキリン。英語だとジラフ giraffe となる。

なんで、そんなに、首が長いの? と誰しも、一度は疑問に持つものですが、とりあえず人生に関わるほどの問題でもないので、そのままうっちゃってしまいます。

キリンの首の骨は、人間と同じで7つの骨がつながったもの。ということで、一個一個が細長い。しかも、心臓から出た血液を、2mくらい上にある脳までおしあげないといけないので、かなりの高血圧。

昔々、餌が少ない、そして危険の多いサバンナで生き残るために、キリンは速く走るためにまず足を長くしたらしい。

足が長くなって一安心と思ったら、今度は水が飲みにくいことにきがついた。そこで、長い足に見合うように首を長くした・・・なんて理由があるといわれていますが、本当のところはわからない。

高い所のものを食べるのに都合がいいように首を長くしたという説もありますが、これは原因と言うよりも結果なのかもしれません。おかげで、他の動物との餌の取り合いをしなくてよくなるメリットは確かにありそうです。

麒麟は中国の伝説上の生き物ですから、動物のキリンとはまったく別物。ビールを飲みながら、これ首の長いキリンとずいぶん違うよなぁ、と誰もが一度は思ったことがあるはずです。

0 件のコメント: