クリニックの2017年夏季休診のお知らせ

① 8月14日(月) ~ 8月16日(水)

② 9月21日(木) ~ 9月25日(月)

2回に分けて休診いたします。ご注意ください。

2017年3月31日金曜日

カレーで限りなくカロリーオフ


カレーライスは、もう日本食といってもいいくらい、老若男女に好まれる国民食。

ラーメンと並んで、カレーもいろいろな探究心をくすぐるようで、いろいろなこだわりの店もたくさんありますし、本なんかも山ほど出ています。

ただ、どうしても悩ましいのは、美味しいカレーほど高カロリーだということ。美味しい!! でも体重が・・・・という方は多いのでは。

そこで、限りなく低カロリーで、かつ美味しさを損なわないレシピに挑戦してみました。

カレーでカロリーを高くする要因は、とろみの元になる小麦粉、そして肉、コクを出すためのバターなどの油や、場合によってはチーズ。そして、ジャガイモもカロリーに影響しますよね。

そこで、まず通常通り玉ねぎのみじん切りからスタート。ただし、量は普通よりかなり多め。シチュー鍋にたっぷり作る場合は、1個くらいは使いますが、今回はその半分くらいに2個を使います。

美味しさで外せないポイントである、玉ねぎをしっかり炒めるのですが、油はオリーブオイルはほんの少しだけ。弱火でじっくり茶色になるまで炒めます。大量に使うことでとろみが出て、甘みも出てきます。

そこにコンソメの素、すりおろしたにんにくとと生姜を適量。辛みは好きなだけ鷹の爪を刻んで入れます。胡椒とバシルを中心としたミックス・イタリアン・スパイスなども入れてスープの味を整えていきます。

そして、これではまだサラサラ感はけっこうあるので、もう少しカレールーらしくするため、そして味をしっかり出すために入れるのがトマトで、これを煮潰していきます。

そして、そして、そして・・・一番のポイントが・・・昆布です。とろろ昆布をできるだけ細かく刻んで入れましょう。味かしっかり出て、トロトロになってきます。

入れる具材は野菜だけ。人参、キノコ、茄子、ブロッコリー、そして肉の代わりは厚揚げにしました。今回はたまたま余っていたジャガイモがあったので・・・入れちゃいましたが、無くても問題ありません。

野菜に火が通ったら、カレー粉を好きなだけ入れて、弱火で1時間ほど時々混ぜていけば完成です。今回は、ご飯も健康的に玄米にしました。

もう、まったく味的には問題ありませんでした。カレーにはうるさい息子も、あかわりしていましたよ。

このカレーライスでカロリーを増やしているものは、最初に使ったオリーブオイル、ジャガイモ、コンソメの素、そして米でしょうか。数字はわかりませんが、米も含めて通常は800カロリー前後くらいのところ、おそらく500以下にはできているんじゃないでしょうか。

よかったら、是非お試しください。

0 件のコメント: