2017年4月24日月曜日

手打ちそば処 青葉 @ 青葉台


手打蕎麦の店を探して、今回は青葉台の方へ行ってみました。

ちょうどお昼時分になってしまったので、駅に近い所は避けて、あえて目星をつけていたのは、こどもの国に近いところで「青葉」というお店。青葉台の駅から歩くと、おそらく20分くらいの桂台というところにあります。

店の前に数台は駐車できるんですが、ちょうど止まっていた一台と入れ違い。お店に入ると、他にはお客さんがいません。

あれ、昼時に閑古鳥というのは、ちょっと不安だと思いましたが、自分たちの後からぞくぞくの客が集まり、ほっと胸をなでおろします。

この店は、石臼挽きの蕎麦粉を使用していて、手打ちと機械打ちを選択できます。一通り、普通にありそうなメニューはそろっています。

初めての店はざると決めているので、今回もざる。ただし、手打ちの鶏なんばんにしてみました。もちろん鴨なんばんもあるのですが、以前別の店で失敗したこともあるので・・・

蕎麦は二八を使用していて、確かに十割よりも喉越しはなめらか。蕎麦の味わいは悪くありません。

つゆはちよっと甘目か。そのまま食べると程よい食感の蕎麦なんですが、温かいつゆにくぐらせると、ちょっとしなっとしてしまう。やはり「・・・なんばん」みたいなものは、最初に選ばない方がよいかもと後悔。

普通のざるのように、少しだけつゆにつけるようにして頂きました。基本的にはまずまずの味でしたので、次回は手打蕎麦店の王道(だと思っている)である天ざるにしたいと思います。

0 件のコメント: