2017年6月11日日曜日

日曜日はゆっくり休むしかない


先週は、ホント、しんどかった。

何が? って、毎日の診療です。そんなの仕事だし、自分で決めた道みたいなことなんだから、まして医者なんだし、へこたれるところじゃないと叱責されそうですが。

そうは言っても、こちらも人間なんで、体力には限りがあるわけです。いつも同じようなペースなら、慣れってもんがあるんでしょうけど、先週は尋常じゃなかった。

月から金まで、ほとんど診察の切れ目がなく、待っている患者さんからすると、前の患者さんが診察室から出たのに次がなかなか呼ばれないと思われたかもしれませんが、そういうときは紹介状を書いていたり、他の処置をしたりしているわけで遊んでいたわけじゃない。

連日1時間以上の待ち時間になるというのは、今まで無かったと思います。患者さんの待ち時間は、電子カルテの来院リストでリアルタイムに表示されていて、長くなってくると少しでも早く回そうと気持ちがどんどん高まります。

でも、1時間を超えてくると、もうどうあがいても無理と開き直ってくるわけで、いつまでも待ち時間が減らないと、やや心が折れてしまう・・・というのはご理解いただきたいところ。

最大のジレンマになるのは、待ち時間が長くなるほど急いでしまうので、診察時間はむしろ短くなってしまうこと。患者さんは、あんなに待たせてもう終わりかと、不満を持つ可能性が高くなる。

どうしても、普段なら10の説明をしていることでも、8、あるいは7、場合によっては半分くらいの説明になってしまうので、診察内容についても患者さんの満足度はさがってしまうかもしれません。

別に地域一番を目指しているわけじゃないし、そもそも広告は駅の看板以外はすべてやめてしまったし、このブログも最初は無料宣伝の意味がありましたが、最近はあえて医学的なことは書かないようにしているし・・・

とにかく、普通のペースで、診療している自分が、一人の患者さんに対してやりたいことを全部できて、わかってほしいことを全て喋ることができれば・・・つまり、患者さんだけでなく自分も満足できる診療ができればいいんですけどね。

そんなぼやきを書きたくなる1週間だったわけで、それだけ年を取ったということなんですかね。今日の日曜日は、とにかくぼーっと過ごしたいと思います。

0 件のコメント: