2017年6月22日木曜日

知らないうちに生えていた


どこからか種が飛んできたのか、あるいは誰かの服に付着して移動してきたのか・・・取っても取っても家の周りには雑草が絶えることが無いですよね。

人の家に勝手に入り込んで、しかも棲みつくなんて・・・と怒ってみてもしょうがない。ゴキブリやなめくじよりははるかにましです。

家屋を周りを草むしりしてみると、レギュラーの雑草の中に、いつの間にかなんかもっともらしい植物が生えていたりすることがある。

この前見つけたのがこれ。そんなに長く気がつかなかったわけではないはずなんですが、けっこうまっすぐ長く茎が伸びて、ちょっとそのまま引っこ抜いてしまうのは気がひける。

しかも、面白いことに同じ高さから対称に2本の枝が出ている。そして、次に出てくる枝は下のものと90゚の直角になっているところが面白い。

・・・でもって、例によって、これが何だかわからない。

花とかは特徴がはっきりしているので、ネットでの検索はまだやりようがありますが、葉っぱだけ、しかもまだ若木ですから、調べようがない感じです。

とにかく、しばらく鉢で育ててみようじゃありませんか。もう少し大きくなれば、正体を探る手掛かりが増えるんじゃないかと思います。

0 件のコメント: