2021年3月2日火曜日

ゴーン・ガール (2014)

現在のところホーム・メディアで視聴可能なデヴィド・フィンチャー監督の最新作は、2014年のこの作品です。

最初に云うと、実に評判が高く、それはひさしぶりにフィンチャーらしい、犯罪と呼びにくいサイコ・サスペンスという題材だからでしょぅか。

ですが、実を言うと「ベンジャミン・バトン」以降のフィンチャー作品には、どうも共感しにくい部分があって、この作品も自分が求めている映画の楽しみとは何かが違う。単純なお気楽作品ではないとは間違いないのですが、根本的に登場人物に感情移入できない映画は、見ていて苦痛を伴うものです。

ある日、結婚5周年を迎えたニック( ベン・アフレック)は、帰宅すると妻のエイミー(ロザムンド・パイク)の姿が無く、何かの犯罪に巻き込まれたような痕跡がありました。警察に連絡し捜査が始まり、メディアを通して情報提供を呼び掛けると、同情する多くの「野次馬」が集まってくるのです。

映画ては、ニックの側から一日一日、一般に知られるところの事件の進展が描かれます。途中からは、エイミーの側からの失踪に至る「過程」が説明される場面と交差していきます。フィンチャーの構成は、実に周到で、この夫婦の間にある独特の関係性、空気感を小出しにしながらストーリーが展開していくのです。

そして、結婚記念日のなぞなぞのような失踪事件の真相がわかると、映画を見ている者は驚愕し、恐怖を感じる。しかし、ニックにもエイミーにも、同情できないし、賛同もできない。また、褒め讃えるわけにもいかず、何とも釈然としない気持ちで映画が終わるのです。

さすがにフィンチャーの画面構図は素晴らしく、美しく映し出される場面は、映画的です。必要以上に音楽に頼らないところも、感覚的に映画を捉えるという意味ではうまい。どこの夫婦にも内在しているかもしれない、夫婦間の機微を突き付けられるような展開は身につまされる人も多いかもしれません。

また、親切という仮面を剥ぐとただの興味津々だけの人々、いくらでも視聴率のために扇情的なアナウンスをするワイドショーなど、現実的な現代アメリカ社会の歪みのような物(それは日本にだって当てはまる)をはっきりと提示してくるのもこの映画の魅力です。

ただ、話が戻りますが、やはり彼らには共感できない。見終わった後の「観てよかった」というカタルシスが感じられない。自分にとっては、高評価できない作品ということになります。

デヴィド・フィンチャー監督の作品は、最近ではエンターテイメント性の高い映画ばかりの中では、作家性がはっきり出ていることは認めます。一般にも評価が高い初期の「セブン」、「ゲーム」、「ファイト・クラブ」に関しては文句のつけようがない。これだけの見ごたえのある映画は同時代的には多くはありません。

しかし、その後のフィルモグラフィーについては、傑出した絵作りの旨さは認めるものの、あくまでも個人的な感想として観客を置いてけぼりにしている感じが否めない。古い考えかもしれませんが、確かヒッチコックが「最終的に映画は観客を裏切ってはいけない」というようなことを言っていたと思います。どんでん返しは面白いのですが、その結果は納得できるものでなくてはいけません。

もっとも、こういう「とんがった」映画監督がいるからこそ、明解なハッピーエンドも存在価値がでてくるというものなのかもしれません。フィンチャーとはほぼ同世代の人間としては、年齢とともに「とんがる」度合いが増えていることは、何となく理解はできる気がしますが、今後何度も見ることはないように思います。

2021年3月1日月曜日

蜘蛛の巣を払う女 (2018)

ハリウッドが手掛けるリスベット・サランデルの第2弾。監督はフェア・アルバデス。そして、今回のリスベットを演じるのはクレア・フォイ、ミカエル・ブルムクヴィストはスヴェリル・グドナソンです。前作監督のデヴィッド・フィンチャーは、製作総指揮ということで直接はタッチしていません。

原作はオリジナルを書いたスティーグ・ラーソンのプロットを引き継いだデヴィッド・ラーゲルクランツによる「ミレニアム」の新・三部作から取られました。ハリウッドはオリジナルの第2部・第3部をすっ飛ばして、いきなり第4部を映画化したということ。

この作品では、リスベットが自らの過酷な過去の因縁に端を発する巨悪と対峙するサスペンスですが、アクション・シーンがふんだんに盛り込まれ、今まで以上にエンターテイメント性を重視した作りになりました。もはや、リスベットが主役の探偵で、ブルムクヴィストはワトソン役かそれ以下かもしれません。

リスベットは、女性を食い物にする連中を潰す義賊のような行為を繰り返していました。そんな中、バルデス博士は、自分が開発した世界中の核兵器に容易にアクセスできるプログラムをアメリカの国家安全保障局(NSA)からハッキングして取り返すことをリスベットに依頼してきます。

ハッキングに成功した途端に、アパートに侵入してきた何者かによってプログラムは奪われ、アパートも爆破されます。スウェーデン公安警察の女性副局長のグラーネは、バルデスを保護しハッキング犯としてリスベットを指名手配します。さらにNSAのニーダムも、リスベットがハッキングしたことを突き止めストックホルムにやってきました。

謎の犯人たちは、バルデスを襲撃し駆け付けたリスベットを薬物で意識を失わせ犯人に仕立て上げようとします。実はこの犯罪集団は、リスベットの双子の妹、カミラの手の者たちでした。

カミラは父親ザラチェンコの後を継いで犯罪組織「スパイダー」の冷酷なリーダーになっていて、世界中の核兵器を自由にできるプログラムを狙っていたのです。リスベットはブルムクヴィストに連絡を取り、協力を要請します。

リスベットの格闘シーンはふんだんに登場し、得意のバイクだけでなくカーチェイスも披露します。スピーディな展開は、さすがアメリカ製アクション映画という感じ。

ただし、リスベットとカミラの愛憎ストーリーについてはちょっとわかりにくい。ハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」では、リスベットの過去についてはあっさりとした説明だけで、12才の時に父親を焼き役殺そうとしたため、ずっと精神病院に入れられていたくらいしか語られていません。

ここでは、もともと父親と姉妹は一緒に住んでいて、父親からの性的虐待の対象になりそうになったため、リスベットだけが逃亡したような話になっています。それから16年間、カミラはずっと父親の玩具にされていたらしい。

もともとのストーリーでは、リスベットと母親が街中に住んでいて、父親は時々通って来ることになっている。そのたびに母親に暴力をふるうことに耐えきれずに、リスベットは父親を殺そうとしたわけです。

ハリエット失踪事件から1年後に、父親ザラチェンコと対決し、父親は病院で公安特務機関の手によって射殺されました。この時、リスベットは23か24才くらいで、ブルムクヴィストがこの映画で3年間リスベットを見かけなかったようですから、ここでは年齢は26か27才。なんとなく、年齢の経過が少しおかしいような感じ。

それはともかく、前ハリウッド作よりは屈折した心理は影を潜め、天才ハッカーとしてのリスベットはわかりやすくなっていて、アクションもこなすキャラクターとしてはルーニー・マーラ版からのキャラ変というところが、どうもこの映画の評判がイマイチな所に関係しているらしい。

しかし、スウェーデン版、前ハリウッド版、そして今作とみていくと、三者三様それぞれのリスベットはアリだと思います。どうせ原作者が変わったわけですから、まったく同じではかえってつまらない。ぞれぞれを尊重して楽しめればいいんじゃないでしょうか。

2021年2月28日日曜日

ドラゴン・タトゥーの女 (2011)

デヴィド・フィンチャー監督の久しぶりのクライム・サスペンスは、スウェーデンの作家、スティーグ・ラーソンの処女作であり、同時に絶筆になった「ミレニアム・シリーズ」の第一弾の映画化。とは言っても、2009年に本家スウェーデンですでに映画化されているので、ハリウッド版リメイクという位置づけ。

ここで大きな問題は、どっちを先に見るかということ。単体の映画としての完成度から言えば、ハリウッド版に軍配が上がりそうなんですが、原作をしっかりと映像化したという点ではスウェーデン版もあなどれない。

そもそも、2時間40分のハリウッド版は第1部にあたる「ドラゴン・タトゥーの女」のみ。一方のスウェーデン版は、それに続く第2部、第3部も連続的に制作し、全9時間で「ミレニアム」の全貌を描いている。

第1部については、ハリエット・ヴァンゲル失踪事件の解明を、ミカエル・ブルムクヴィストが依頼され、過去の連続殺人事件を含めて天才ハッカーのリスベット・サランデルと共に解明していくというストーリーはほぼ同じ。原作に忠実と評判のスウェーデン版と比べても、ハリウッド版の変更点は多くは無いし、少なくとも骨子となる展開は変更されていません。

好き嫌いは個人の好みですから、どっちでもいいと言えばそれまでですが、第1部だけで見たとしても、主役の一人リスベット・サランデルの人間としての描き方はスウェーデン版の勝利と考えます。

リスベットには驚愕の過去があるわけですが、第1部はそれについてはあくまでも序章にすぎません。それでも、スウェーデン版では、この本筋と関係ないストーリーがどうなっていくのか強い興味を持たせる作りになっていました。これは、続けて第2部・第3部を作ることが決まっていたことも関係あるのでしょうが、ハリウッド版ではこのサイド・ストーリーが浮いてしまっている感じは否めない。

特にリスベットは天才ハッカーのはずなのに、ハリウッド版ではアナログな調査が多い。コンピュータを駆使して、ネットワークへの侵入から情報を取り込んでいく過程は、スウェーデン版の方が圧倒的によく描かれています。またブルムクヴィストの雑誌ミレニアムそのものについての情報も、ハリウッド版では省かれています。

スウェーデン版は、ブルムクヴィストはミカエル・ニクヴィスト、リスベットはノオミ・ラパスが演じ、ちょっとはいけてる中年記者と小柄で少年のような人との交流が下手な女子という感じ。

ハリウッド版では、ブルムクヴィストは、「007」のダニエル・クレイグ。はっきり言ってイケメンの中年の星です。リスベットを演じるのは、フィンチャー監督前作で登場したルーニー・マーラ。こちらは、前作と打って変わってパンクな姿は驚き物ですが、基本のカワイ子ちゃんは隠せない。

一般的な世評としては、ハリウッド版は悪くはありません。マーラのエキセントリックなリスベットも評判が良い。ですから、原作を読んでいない人、あるいはスウェーデン版を見ていない人は、ハリウッド版からみる方が良いかもしれません。

ただし、「ミレニアム」という連作として重要な部分がハリウッド版では、中途半端に登場するので、そこの部分は冗長な印象は持ってしまうかもしれません。探偵ブルムクヴィストとワトソン役リスベットに割り切って、ハリエット事件だけに集中して2時間の映画にした方がすっきりしたかもしれません。

ハリウッド版は、久しぶりにタイトルはフィンチャー節が炸裂してかっこいい。Led Zeppelinの「移民の歌」のカバーに乗って、ドラゴンとハッカーをイメージしたCGがうねるように描かれているのはMVを見ているようで素晴らしい。

また、本編の映像も実にスタイリッシュ。アクション・シーンはありませんが、クレイグのブルムクヴィストもありだと思わせますし、マーラのリスベットも魅力的であることには違いありません。調査を依頼するヴァンゲル家のヘンリックは、つい先頃亡くなったクリストファー・プラマーです。

自分のようにいろいろ悩んで、スウェーデン版を先に見ちゃった人は、残念ながらあくまでも「リメイク」であって、オリジナルを超えるほどではないという感想になってしまうのはお許しいただくしかありません。


2021年2月27日土曜日


車やバイクで、他人の迷惑を顧みず走り回る連中は今の時代にもいるわけですが、日本では70年代に登場したバイクによる集団暴走行為をする連中が最初の社会問題になったんだろうと思います。

それ以前は、カミナリ族と呼ばれていたバイク集団がいましたが、主として社会から落ちこぼれた、あるいは社会に反抗したいという若者が中心。

ところが、70年代はいわゆる「不良」たちがグループを形成するようになり、積極的に他人に対する迷惑行為として暴走を繰り返すようになったと思います。

これから「暴走族」という呼び名が定着し、迷惑行為を超えて犯罪行為に及ぶようになり、時には暴力団などの予備軍的な性質も持つようになりました。

当初は大通りをルール無視で走り回り、爆音とクラクションを響き渡らせていた暴走族は、警察の取り締まりが厳しくなると、一本、二本裏の道を平気で走り回るようになりました。

そこで、その時代に中学生・高校生だった自分の場合、彼らをかっこいいと思う・・・わけはなく、住宅街の中にある家の前を走り回る暴走族が登場したことで、うるさいとしか思えず、大変怖い存在でした。

話は変わって、医者になって大学病院で救急医療に携わるようになると、当直をしていて夜中に働かされるほとんどがバイク事故。何カ所も骨折して、死ぬかもしれなかったような事故を経験しても、彼らは「治ったらまたバイクに乗りたい」と言うんです。

もう、理解の範疇を超えている。できれば、自分がいる病院の近くでは二度と事故らないでもらいたいと思ったし、バイクがなければどれだけ仕事が楽になるかと考えたものです。

そんなわけで、はっきり言って、バイクは嫌い。自分は絶対にバイクに乗りたいと思わないし、家族にも乗らせない・・・なんて、思って来ました。

2021年2月26日金曜日

ケアプラザでおしゃべり


去年3月一杯まで、ケアプラザ協力医を10数年間やっていました。

ケアプラザというのは、横浜市社会福祉協議会が運営する、介護保険事業所です。地域の在宅要介護者に対する様々なサービスを行っていて、それぞれの区に数カ所ずつ設けられています。

毎年、だいたい2月に区内のケアプラザ全部を対象にしたケア・マネージャーさんを対象とした勉強会の講師を行っていたんですが、協力医を止めた後の今年も喋らせてもらいました。

こんな時期ですが、人数を制限しての開催。マスク着用で2時間喋るのは、かなり辛いのですが、聞いて下さる方も熱心で気合が入りました。

当然新型コロナの話は避けられないので、あらためていろいろ調べました。また、今回は「老化」全般の話で、自分の専門外のところを絡める必要があったので、準備にはけっこう苦心しました。

ということは、自分が講師なんですが、喋る機会を貰うと自分の勉強になるということで、こういう依頼は大歓迎ということです。協力医を辞めても誘ってもらえるというのはありがたい事です。

2021年2月25日木曜日

ミレニアム 火と戯れる女 & 眠れる狂卓の騎士 (2009)

スウェーデン版「ミレニアム」の映像化シリーズは、第1部は劇場公開用映画として、さらに第2部と第3部は続けてテレビ映画として連続で制作されました。第2部と第3部は、ダニエル・アルフレッドソンが監督し、主要キャストは同じです。

第2部と第3部は内容も連続しており、第1部の謎解きとは一転して、リスベットを巡る公安警察の中の特殊組織による30年近い陰謀を暴くという大がかりなサスペンスになっています。

第1部で、リスベットの後見人となったビュルマン弁護士から性的強要をされたエピソードは、第1部の中では本筋とは無関係で、リスベットの人間性を理解するサイド・ストーリーという感じだったのですが、実はこれが「ミレニアム」最大のスリルの序章でした。

30年近く前に、ソビエトの諜報員だったアレクサンデル・ザラチェンコは、スウェーデンに亡命。結婚しリスベットが生まれますが、リスベットの母親は度重なるDVのため脳に損傷をうけます。12才だったリスベットは、帰り際のザラチェンコにガソリンをかけて焼き殺そうとしますが未遂に終わり、児童精神病院に収容されました。

ここで、精神科医師のテレポリアンにより虐待され、長期の拘束を受け「重度の精神疾患」により責任能力が無いと烙印を押されます。パルムグレン弁護士が後見人を引き受け、社会に戻ったリスベットは、パルムグレンとは信頼関係を築き、警備会社の調査員として働くようになったのです。

一命をとりとめたザラチェンコは、秘密裏に結成された公安警察の中の特務機関により守られ、増長してあらゆる悪事に手を染めるようになっていました。パルムグレンが脳梗塞で倒れたため、リスベットを監視・コントロールするために新しい後見人として特務機関が送り込んだのがビュルマンでした。

そんな時、ザラチェンコらが行っていた人身売買による売春行為を、フリーのジャーナリストのダグが嗅ぎ付け雑誌「ミレニアム」に売り込んできました。ミレニアムでは、その買春した客らに政府関係者も含まれていたことから、記事にすることを承認します。

しかし、ダグと一緒に調査していたミアの二人は、深入りし過ぎてザラチェンコらに殺されてしまいます。また買春した要人が特務機関の人間だったことから、調査を継続するブルムクヴィストらにもしだいに危険が迫ってくるのでした。

第2部「火と戯れる女」では、リスベットはダグらの殺人容疑で警察から追われ、そして間隙を突いてザラチェンコにたどり着き瀕死の重傷を負うところまで。そして第3部「 眠れる狂卓の騎士」では、病室から携帯だけでブルムクヴィストの捜査に協力し後半は裁判で真実を明らかにしていく様子が描かれます。

全部通して見ると、普通のテレビドラマ1クール分なので、けっこう大変なのです。しかし、脚本が良いのか、ストーリーの展開のスピードが落ちることなく、リスベットの動きは地味な感じですが飽きさせません。

やはり、もともと続き物の構想で書かれた原作なので、話の作り込みがうまく出来ている。第1部「ドラゴン・タトゥーの女」は、リスベットとブルムクヴィストの紹介編みたいな位置づけで、おそらく原作者が一番力を入れたのは第2部~第3部の巨悪との因縁・対決なのだと思います。

全体を通して、人権を重んじる北欧国らしい、男尊女卑に対する痛烈な批判精神が貫かれています。リスベットも社会からの落後者ではなく、社会から押し潰された被害者として描かれている。それでも裁判では、リスベットはモヒカンにしてパンクないで立ちで登場し、自己主張をすることで単なる弱者ではなく立ち向かう勇気があることを示しているように思いました。

現在は日本語版としては、最初に出た劇場用のそれぞれ2時間半程度のものと、のちにテレビ用に追加編集してそれぞれが3時間になった「完全版」のものがDVDだけで登場しました。ブルーレイは英語字幕付きの海外版しかありません。

どうせ見るなら完全版をお勧めしますが、現在では高価な中古しか手に入りません。しかし、三作をまとめて見るだけの価値は十分にあります。リスベットの強烈なキャラクターは、十分に中毒性があると言えそうです。

2021年2月24日水曜日

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (2009)

これはスウェーデンの映画。スウェーデン語は耳になじみが無く、英語と違って違和感がありますが、慣れるとそれほど気にならなくなります。

この映画については、どうしても原作のことに触れておかないといけない。

原作小説を書いたのは、スウェーデンのジャーナリストのスティーグ・ラーソン。2002年に執筆を開始した初めての小説が「ミレニアム」であり、もともとは10部構成とする予定でした。

第1部が「ドラゴン・タトゥーの女(2005)」、第2部が「火と戯れる女(2006)」、第3部が「眠れる女と狂卓の騎士(2007)」ですが、実はラーソンは2004年に第1部が刊行される前の2004年に心筋梗塞で死去しています。

つまり処女作が絶筆となってしまったわけですが、死後本が出版されるとスウェーデン国内だけでなく海外でもベスト・セラーとなり、多くの賞を受賞しています。

その後ダヴィド・ラーゲルクランツが続編として「蜘蛛の巣を払う女(2015)」、「復讐の炎を吐く女(2017)」、「死すべき女(2019)」を独自の構想から書きあげ、「ミレニアム・シリーズ」の第4~6部として出版されました。

原作は推理小説のジャンルにあたり、その内容は、基本的に犯人捜しのサスペンス・スリラーの形式です。スウェーデンでこれを映画化するにあたっては、(自負分は未読ですが)原作にかなり忠実な映像化がされており、「Who done it?(誰がやったか)」という点からも詳しいストーリーを書くことはできません。

とりあえず、このストーリーの背景については説明できる。不正などの告発に物おじしない社会派の雑誌「ミレニアム」の中心人物がミカエル・ブルムクヴィスト。ブルムクヴィストは、著名実業家の不正を記事にしますが、名誉棄損で訴えられ敗訴。半年間の禁固刑に処せられます。

一方、もう一人の主人公がリスベット・サランデル。パンクな服装と、あちこちに付けたピアス、背中にドラゴンの刺青をしています。DVを繰り返す父親に対する殺人未遂により、精神病院などへの入退院を繰り返してきたため、暴力的な無能力者という烙印を押され、弁護士の後見人が付きます。しかし、物事を見極める観察力・記憶力は極めて優秀で、ハッカーとしても一目置かれ、警備会社の調査員の仕事をしています。

ヴァンゲル財閥の長老であるヘンリック・ヴァンゲルは、ブルムクヴィストの身辺調査を行い信頼できる人物と判断し、40年前に殺された可能性がある実の娘のように可愛がっていた姪のヘンリエッタの失踪事件の解明を依頼します。忘れていましたが、ブルムクヴィストは父親がヴァンゲル財閥の仕事をしていた関係で幼い時にヘンリエッタにも会っていたのです。

ブルムクヴィストの身辺調査を行ったのがリスベットで、ブルムクヴィストのパソコンをハッキングして、ヘンリエッタの事件を知り、事件の核心にせまる重要なことに気がついたことから、二人は協力し事件の解明に当たることになります。

事件に関係するのはヴァンゲル家のヘンリックの3人の兄と、その息子・娘たちで、ヘンリックは彼らの中に犯人がいると考えていました。ここで、次から次へとスウェーデンの耳慣れない名前が続々と出てくるのは、少しだけ忍耐が必要です(一族の秘密の因縁は金田一耕助の事件並み)。

この本筋に、リスベットにまつわる暴力を受けてきた過去や、後見人弁護士による性的虐待の話が絡んで、複雑な人間像を織りなしていきます。ですから、単なる推理ドラマではなく、むしろ調査する側の人間心理に深く切り込んでいくので、物語の深みが増しています。

ニールス・アルデン・オプレヴ監督による映像化に当たっては、おそらく多少の整理整頓はされているとは思いますが、くどすぎることもなく、だからといって簡単でもない出来はなかなかのものです。もっとも、そのためにはこの手の映画としては長目の3時間が必要ということ。

北欧の極寒の閉塞感のある雰囲気が画面上に生かされていて、画面の重厚感を増すことに成功していると思いました。ブルムクヴィストを演じたのはミカエル・ニクヴィスト、リスベットはノオミ・ラパスがキャスティングされています。二人とも国際的にも活躍した俳優で、いわゆる美男美女コンビではないところが、映画により現実味を持たせているようです。


2021年2月23日火曜日

チョコレート 2


バレンタイン・デイからは1週間過ぎましたけど、今年はこんなのをいただきました。

ドイツの車メーカーの一つ、フォルクス・ワーゲン。その会社の一番馴染み深いのは、「ビートル」の名称で親しまれた車です。

これはビートルの形のチョコレートのセットで、車のフロント・トランクを開けると付属している工具箱をモチーフにしているようです。チョコレートを作っているのはモロゾフなので、これそのものは日本製。

この車には特別な愛着を持っている人が少なくないので、かなり喜ばれるし思います。自分のようにトヨタ車ばかりに乗ってきた者でも、ちょっとこども心をくすぐられる感じでワクワクします。

贈る相手が喜びそうな物を選ぶというのは、なかなかできそうでできない。ご配慮感謝します。

2021年2月22日月曜日

ソーシャル・ネットワーク (2010)

目下のところ、デヴィド・フィンチャーの監督した映画としては、この作品がほぼ最高評価を得ていると言って間違いない。

いまやネットを利用する人々の多くが登録している「facebook」の創業者、マーク・ザッカーバーグを主人公として、サイトの立ち上げから巨大化していく過程を、抱えた2つの訴訟の裁判前聴聞会の様子と絡めてたどっていきます。

facebookについては、自分は登録はしましたがほぼ利用していません。何故かは説明しにくいのですが、何となくSNSに縛られる感じが好きじゃない・・・という感じでしょうか。ですから、最も若くして億万長者になったザッカーバーグ氏に対しては、特別な感慨は持っていません。

最初に思い切って言いますが、世評とは異なりますが、自分はこの映画は好きではない。

この映画で描かれている内容については、本人も積極的には否定していないらしい。映画的なフィクション部分もあるでしょぅが、少なくともこの主人公は自分にとってはすごく嫌な奴です。

主人公が嫌いということは、当然、彼には共感できないし感情移入できない。映画としては、そんな人間を特に持ち上げていないところは良いと思いますが、約2時間見続けるのは苦痛です。

ハーバード大学の成績優秀な学生であるマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、やたらと早口でまくしたて、女の子にも上から目線でデリカシーのかけらもない。

ある日振られた腹いせに、ブログに彼女を侮辱する内容を書き込み、さらに大学内の寮のサーバーをハッキングして女学生の個人情報を盗み出します。この情報をもとに、女子学生の人気投票サイトを立ち上げて、学校内に一気に知られるようになりますが、同時にサイテーの奴としても名が売れる。

ボード部で人気があった双子のウィンクルボス兄弟から、大学内社交サイトの立ち上げに協力してくれといわれたマークは、彼らには協力するそぶりは見せましたが、自分で親友のエドゥアルドに資金協力してもらい独自のSNSを立ち上げてしまいました。

立ち上げたSNS、つまりfacebookは瞬く間に大学内に広まり、他大学にも広げていきます。音楽をやり取りできるNapsterを立ち上げたショーン・パーカーは、マークと接触し事業拡大を援助しますが、エドゥアルドを強引に排除してしまいます。

このことから、ウィンクルボス兄弟からアイデア盗用、エドゥアルドから共同創業者としての地位保全の訴訟を起こされることになるのです。弁護士から、「今のあなたならスピード違反の罰金みたいなものだから和解する」ように勧められます。

過去と現在が行ったり来たりする構成ですが、その間は数年しかたっていないので、最初のうちはどっちがどっちなのか戸惑います。いずれにせよ、どっちも嫌な奴なのは変わらない。最後に女性弁護士に「あなたは嫌な奴じゃない。そう振る舞っているだけ」と言わせて、何とか好感度を上げで締めくくろうとしている。

いやいや、そうじゃないでしょう。2時間見てきて、嫌な奴は変わらない。この主人公は、金のためでもなく、女のためでもなく、自分の知的好奇心のために親友も彼女も切り捨てていく人物です。いわゆる、大人の対応ができないこどもみたいなものということでしょうか。

マークの行動論理はものすごく強い主観で決まり、そういう人物を扱えるのはさらに強烈な主観を持ったショーンのような者だけということ。もっとも、そういう人たちだから大成功するか大失敗するというのもあるかもしれません。

フィンチャーが、そこを描きたいと思ったのならまずまずというところ。殺人などの犯罪に関わるストーリーではありませんが、次第に組織が大きくなっていく過程はある意味サスペンスです。そのあたりの描き方は、さすがという感じ。

なお、冒頭、彼女と口喧嘩して振られるシーンはなんと99テイク撮ったらしい。彼女であるエリカを演じるのはルーニー・マーラーで、次のフィンチャーの映画では主役に抜擢されました。

2021年2月21日日曜日

治療薬マニュアル


内科と比べると、整形外科は使用する薬は多くはありません。専門にしている関節リウマチについては、絶えず薬の情報については注意を払って来ましたので、自分のテリトリーだけに限れば薬のマニュアルは必ずしも必要とはしません。

とは言え、世の中には「薬」と呼ばれるものがごまんとあって、すべてに精通することは到底不可能。必然的に、全部が載っている本が無いと診療に支障をきたすことになります。

特に、ジェネリック品が幅を利かせるようになってからは、使い慣れているはずの薬でも、商品名だけではなんだかわからないということがしばしばあります。

鎮痛薬としてよく名前が知られているものに、「ロキソニン(第一三共)」があります。ジェネリックが登場して長いので、今は20社以上が販売していますが、今は一般名である「ロキソプロフェン」にほぼ統一された感があり混乱が減りました。

一時は、ジェネリック・メーカーが、それぞれ勝手に商品名をつけていて、「ロ」から始まれば想像しやすいのですが、そうじゃない物もたくさんあって、ずいぶんと困ったものです。

また、開業医という立場になると、整形外科以外の薬を出すことも多くなりましたし、薬手帳などで他院から処方されている薬を確認することも重要になってきます。

毎年出版されているこの本のシリーズは、開業以来、2年ごとに買い替え、今回は2019年版以来の更新。なんか買い直すたびにどんどんページ数が増えていて、今回は2848ページ、B6サイズでコンパクトなんですが、厚さは5cmはありそうです。

ほとんど立派な国語辞典並みになってきましたが、パソコンで使える電子版の利用権利もついてきます。ただし、昭和のおっさん的には、やはりアナログの方が使い勝手が良い。まだ当分は、こういう紙の本の世話になると思います。

2021年2月20日土曜日

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)

デヴィド・フィンチャーにとっては、初めてのアクション、サスペンスの無い映画。ヒューマン・ドラマ・・・なんですが、設定そのものがファンタジー。

何しろ、生まれた時が80才台の老人。年齢と伴に若返っていくという何とも理解不能な不思議な現象の運命の元に生まれたベンジャミン・バトンを、フィッチゃー監督と3回目のタッグを組むブラッド・ピットが熱演しています。

原作の短編小説を1922年に書いたのは、映画では「華麗なるギャツビー」で有名なF・スコット・フィッツジェラルドです。映画化の話は80年代から出ていましたが、何しろ主人公が若返っていくという主軸となるプロットの映像化をどうするかで悩みに悩んで、企画は二転三転してきました。

アカデミー賞は、主要13部門にノミネートされ・・・ましたが、受賞は美術賞と視覚効果賞だけ。フィンチャー作として全体的な評価としては、必ずしも上位にはランクしているとは云い難い。

その理由は・・・わかる。確かに、だんだん若返っていくということを除くと、一人の男の人生を静かになぞっていくので。大きな事件があるわけではなく、あまり盛り上がらない・・・のに、長い。2時間半越えはちょっと辛い。

一人の人生を生から死まで追いかけるので、大河ドラマみたいなもので長くなるのはしょうがないとは思いますが、なんとかもう少しエピソードを絞り込めなかったものかという思いはあります。時間に逆行する話のプロローグとして、冒頭の時計職人の話が出てくるのですが、これなどは本編とはほぼ無関係で必要性は感じにくい。

物語はハリケーンが近づく病院の中で、命を終わろうとしている老婆、デイジーが娘に彼の父親、ベンジャミン・バトンの数奇な人生を語る形で進行します。ハリケーンが近づくことは、これも直接的な関係が良くわからない。

この話のテーマは「永遠」ということらしい。年老いて生まれた男がどんどん若返って、こどもだったデイジーとついに結ばれる。その時だけが二人の時間軸が交差する。しかし。そこを過ぎると、デイジーはどんどん年老いていき、ベンジャミンはこどもになっていくのです。

技術的なことは、どうやってこの現象を映像化するのかという点に尽きます。こども時代のベンジャミンは、複数の子役が演じ、CGによりブラッド・ピットの外見を合成しているようです。一方、デイジーを演じるケイト・ブランシェットは、老けメークで年を取っていきます。これらの変化はそれなりに見事で、あまり違和感はありません。

ただ、どうやっても年々若返っていくという設定そのものが受け入れにくい。コメディみたいなものなら、笑ってそんなこともあるよくらいですませられますが、シリアスなドラマとしては、現実味が無さすぎる。

とは言っても、フィンチャーだから、何とかまとめ上げたという見方もできますし、映画として挑戦するだけの価値があるストーリーだろうとは思います。少なくとも、異様な人生だったベンジャミンを否定せず肯定的に描き切ったことには敬意を払わずにはいられません。

生物学的な年齢と、精神年齢とは必ずしも一致しないことは普通にあることで、何となく合わせようとする気持ちが普通です。しかし、どうやっても合わせられない時に、それを受け入れていく大きな意思、あるいは受け入れられない時の決断といったものを感じる映画なのかなと思いました。


2021年2月19日金曜日

2001年 宇宙の旅 (1968)

60年代に娯楽性の高いSF映画がどんどん作られた感がありますが、はっきり言って賞レースとは縁遠いものばかりでした。しかし、スタンリー・キューブリックが放ったこの映画で、SF物での芸術性が一気に高まり、単なる娯楽ではない文芸性を伴うことで、映画史上に名を残しました。

はっきり言って、SF映画としてこの作品を超えたものは半世紀たっても存在しないし、すべての映画の中でも十本の指に収まるくらいに選ばれるようなの不朽の名作です。

この映画にまつわるエピソードは膨大な量にのぼり、あまりに多くの論評がされているので、いまさら自分のような単なる映画好きがどうのこうのと言う必要はありません。

もう何十年も前に映画館で見て、レーザーディスクを買い、DVDはもちろんブルーレイでも買いなおしました。何度も見直していますが、毎回新しい驚きがあり、毎回楽しめる。ただし、「さぁ、見るぞ」という気合は必要で、約2時間半の緊張を覚悟しないといけません。

何故かと言うと、一つ一つの場面の素晴らしさを見逃してはいけないのは当然のこと、必要以上に言葉で明示的にストーリーを説明しないことが大きな理由です。見るものの想像力を試しているようなところがあって、だからこそいろいろな解釈が議論され続けていると言えます。

それは冒頭の「人類の夜明け(The Dawn of Man)」と最後の「木星と無限の彼方(Jupiter and beyond the Infinity)」のパートで顕著です。いずれも台詞は無く、映像と効果音、あるいは電子音楽だけで進行します。

「人類の夜明け」は比較理解しやすい。類人猿がコロニーをつくって生活していて、水を巡ってグループ間の抗争が生じる。ある時武器を使うことを覚えたグループは文明を手に入れるのです。

次の瞬間、画面は宇宙空間に時空を超えて変わります。この後の当時の知見を最大限に考慮した宇宙での様々な事象については、多くの考証がなされ、ほんの少しだけ誤りが指摘されていますが、些細なことで映画の価値が損なわれるものではありません。

「木星と無限の彼方」では、木星近くの宇宙空間にてディスカバリー号乗務員のボーマンが体験する光と時間が交錯する幻想的な空間を、見ている者も一緒に経験するわけですが、おそらく初めて見た時はほとんど混乱の中で映画が終了すると思います。

ですから、(映画の楽しみ方として正しいかわかりませんが)何度も見返すことが推奨されるし、何回か見ていくうちに自分の中に何らかのイメージが出来上がって来て、その個々の一つ一つが正解になって来る。

謎を謎のままにしておくことは、生理的に気持ちが良いものではありません。何とかその理由を知りたい、納得したいと思うのは人間としては普通の事なんですが、そこを逆手にとって個人で解決するように仕向けていることがすごいことです。

まだ一般にはコンピュータなど影も形も無い時代に、これだけの見事な特殊撮影を実現したことだけでも勝算に対します。後に「未知との遭遇」や「ブレードランナー」で活躍したダグラス・トランブルによる当時最先端の技術は、50年たっても色あせていません。

「2001年」は、まだ見ていない方は、死ぬまでに絶対に見るべき映画ですし、すでに見た方は再度見直すことを是非お勧めしたくなります。

ちなみに、1984年に続編として「2010年」が制作されました。ここでは、「2001年」の謎だった部分がある程度合理的に説明されてしまいました。そういう意味で、「2001年」の最も特異的な部分を安易に解決して、個人が抱いていたイメージを潰してしまった作品という言い方ができる。ですから、正当な続編ではありますが、むしろ見ない方が良い作品です。

2021年2月18日木曜日

ミクロの決死圏 (1966)

懐かしいこどもの時に見た、今となっては古典的なSF映画の一つ。

SFは、Science Fictionの略で、映画に限らず小説などの芸術の一分野であることは、今更言うまでもない。

こどもの時に、「鉄腕アトム」や「鉄人28号」のようなロボット物、「サイボーグ009」や「8マン」のような改造人間物などの漫画にワクワクしましたが、いずれもあえて分類すればSF作品。

科学的にある程度あり得そうだけど、現実には経験できないような空想の世界を見せてくれるのがSFですから、映画はその表現の場として最適かもしれません。歴史的には、SF映画は「月世界旅行(1902)」に始まり、「メトロポリス(1927)」で広く認知されました。

SF映画の歴史を語りつくすことはできないので、あくまでも自分の印象としてですけど、一般に広く受け入れられたのは60年代。ただし、多くはB級映画の域を超えたものではありません。

その中でもひときわ目立った存在の映画がこれ。未来物や宇宙物ではなく、その時代に想像できる最先端技術の話。「アンドロメダ・・・(1971、R・ワイズ監督)」とともに医学的SFの代表作です。

何しろ、ミクロ化した潜水艇に乗船した人間を患者の体内に注入して、外からの外科的手術ができない脳底領域の血種を取り除こうという、医者としてもわくわくするような話です。もっとも、現代の医学知識からすれば、突っ込みどころは満載ですが、60年代前半の医療技術ということで納得してみるしかありません。

監督は職人気質のリチャード・フライシャー。賞からはやや縁遠い人ですが、手堅く映画をまとめる力は十分にここでも発揮されています。


東西冷戦の真っ只中、両者は人をミクロ化する技術を開発しましたが、持続時間が短いことがネックになっていました。東側のベネッシュ博士は、ミクロ化持続時間を延長させることを可能にし西側に亡命してきます。しかし、その直後襲撃され、頭蓋内の底面に生じた血の塊(血種)により脳が圧迫され意識不明になってしまいました。

ミクロ化を実用化するミニチュア機動部隊の秘密基地に運ばれたベネシュの手術を行うのは脳外科の名医デュバル博士(アーサー・ケネディ)と助手のコーラ(ラクエル・ウェルチ)、部隊の医務部長のマイケルズ博士(ドナルド・ブレザンス)が補佐し、潜水艇を操縦するのがオーウェンス大佐(ウィリアム・レッドフィールド)、そして不測の事態に対処するためベネッシュを亡命させた諜報部員のグラント(スティーブン・ボイド)の5人が体内に入ります。

もう配役で、だいたい裏切り者は想像できてしまうわけですが、「ベン・ハー」で人気が出たボイドの顎の割れ具合は見事だし、当時のセクシー・シンボル、ラクエル・ウェルチにもドキドキさせられます。

頸動脈から入って、脳底に達し手術をしたら頚静脈から脱出する。血流を弱くするため、超低温で心拍数を可能な限り少なくする。血種を焼くのはレーザー。潜水艇は原子力なので、放射能を探査して現在位置を確認する。ただし、1時間を超えて少しずつ大きくなると免疫機能に認識されて異物として白血球の攻撃を受ける・・・などなど、確かに医学的に妥当(と錯覚しそう)な作戦が用意されています。

段階的にミクロ化して潜水艇を注射器に入れ行く過程は、丁寧に描かれています。こういうところを科学的に細かい事を言うのは野暮という物です。血管の中に入ると、数が少なすぎかと思いますが、いかにも赤血球、白血球、血小板らしきものが周囲を浮遊していてで、アカデミー美術賞および視覚効果賞を受賞しただけのことがあります。

航海が順調なのは最初だけで、動脈と静脈が繋がっている動静脈瘤のため、いきなり頚静脈に紛れ込む。コースを修正するため、57秒間だけ心臓を停止させ、その間に心臓を通過するという難題をクリアします。さらに酸素を補給するため肺の壁にホースを差し込んだりする。

ここで治療用レーザーの固定がはずれて壊れるという怪しい出来事も発生します。仕方が無いので無線機(モールス信号!)の部品(トランジスタ!!)を使って修理します。脳底に速く到達するため内耳を通過することになり、外では一切音を出しちゃいけないという笑うに笑えない事態。

何とか脳に達すると、神経細胞に光が走って電気的な信号が起こっている様子も面白い。タイムリミットあと数分というところで。いよいよ血種を焼いているとついに裏切り者が正体を現し、潜水艇を放棄。時間切れで大きくなり始めたため白血球の攻撃を受けながら、視神経を通って目から脱出することに成功しました。

原題は「Fantastic Voyage」で、まさに幻想的な航海を楽しめます。

2021年2月17日水曜日

チョコレート


そういえば、この前の日曜日はチョコレートの日・・・

いえいえ、バレンタインデーということで、いまだに何とも不思議だと思っている記念日でした。

日本では、自分が大学生の頃に始まったものですが、いろいろな変遷を経てもう「送る意味」なんてものはどうでも良くなった感があります。

一つのコミュニケーション手段と考えれば、うまく使えればいいと思いますが、製菓会社の思惑にのせられて「使われ」ないように注意したいところ。

何かをあげたい人がいるなら、誰から誰にでも構わないし、チョコにこだわらず何をあげてもいいんじゃないでしょうか。

そういえば、2月は節分がありましたが、いつからか恵方巻なるものが流行り、大量の余った太巻きが廃棄されることに批判が集まっていました。

今年も、翌日にもスーパーの総菜売り場には大量の太巻きが並んでいました・・・チョコレートにしても太巻きにしても美味しいですけどね。