2018年4月19日木曜日

まだまだの電子書籍


世の中は「本離れ」といわれ、出版社は紙の本で苦戦し、本屋さんは縮小傾向。

原因はデジタル化にあり、電子書籍に移っていると言われていますが・・・本当にそうだろうか?

確かに、辞書のようなもの・・・つまり長々と時間をかけて読むのではなく、知りたいことをちょっと調べるだけなら、圧倒的にデジタル・データの方が検索しやすく便利だと感じます。

そもそも、重たい辞書を持ち歩くのは大変ですし、今や一人一台は最低もっているスマホがあれば、ほとんどすんでしまいます。

じゃあ、小説は・・・というと、正直言ってスマホの小さい画面で読むのは辛い。タブレットをそのためにわざわざ持ち歩くのは面倒だし・・・

パソコンの画面をじっと見つめる姿勢は、本を長時間読むには向いていない。

だいいち電子書籍の規格の統一がいまだにされておらず、購入したのはいいけど、いくつものリーダー・アプリを使い分けないといけない状況が続いています。

業界もそれはわかっていて、epubという統一規格を作ったりしている。epubはホームページと同じHTMLで作ったデータをzip化してまとめたもの。

ところが、これさえ簡単に読めるリーダーが普及しているとは言えません。いざ、読もうと思っても、説明通りで簡単に使いだせないことも多い。

実際、新しいMicrosoft Edgeがepubに対応したということですが、ごく最近ダウンロードしたepubは開けません。

読みたい本については、著作権の切れたものは「青空文庫」を中心にどんどん電子化されていますが、最新のものはばらつきが多い。それでも新しいものはいいのですが、著作権が生きている古いものは、まったく入手できない。

つまり、電子書籍として読めるのは、すごく古いものか、新刊しかないということです。こういった混乱が、本離れを加速させていると思うんですよね。

そして、そういう環境にどっぷり浸かっている若者の、本を読まない習慣が日常的になっているのが心配です。

2018年4月18日水曜日

遂に謎肉単独発売!?


今や完全に日本文化の市民権を得ている三分間カップ麺。

その元祖・本家であり、代表としての地位を揺るぎないものにしているのは、日清食品のカップヌードルであることには異論はないと思います。

まぁ、そこまで持ち上げなくてもいいんですけど、カップヌードルの主役は麺だと思いますが、脇役であるその中に入っている具材もバカにできない。

特にミンチになった肉らしきものは、昔からその正体はなんぞやと話題になることが多かった。日清もそれを逆手にとって、「謎肉」をうまく売るための材料としてこの数年プッシュしています。

何故か気になって、この謎肉増量の期間限定「謎肉祭り」は必ず話題にしてきたんですけど、今回はついに謎肉だけの袋を見つけてしまいました。

おっと!! これは、遂に、謎肉だけ別売りになったのかと色めきだったわけです。

大好きという人は今まで以上に大量を謎肉を入れて楽しめる。場合によっては他社のカップ麺も謎肉でパワーアップなんてこともできたりします。

ただ、残念ながら、これはキャンペーンのプレゼント。コンビニ限定で、どのカップヌードルでも2つ買うと、一袋おまけについてくるというものでした。

さすがに、単独で発売しても、それだけ買う人はそんなにはいないでしょうから、商売にはならないと試算したのかもしれません。

このキャンペーンの売れ行き状況を資料にして、麺、スープ、具材をそれぞれバラバラに売るような「カップヌードル・キット」なんていうのも面白いかもしれませんね。

2018年4月17日火曜日


都筑中央公園の裏の道沿いにある民家に、道路に張り出た藤棚がありました。

毎年今頃に見事な花を咲かせていたので、わざわざ停まって写真を撮ったことがあります。

ところが、家は売られて取り壊され、新しい建売住宅が並んでしまいました。

当然、藤棚は跡形もなく消えてしまったわけで、今住んでいる方に「ここには素晴らしい藤棚があったんだよ」と言ってもしかたがない。

でも、もう一カ所あるんですよ、立派な藤棚を持っている家。

こちらは、ちょうど今が見頃。

春になると、赤、黄、白、橙など花があちこちに開きますが、それがおちついた後は青紫が主役。個人的には、こっちの色の方が好きですね。

2018年4月16日月曜日

昨シーズンのシクラメン


シクラメンはどちらかというと冬の風物で、春の訪れとともに勢いが無くなってしまいます。

去年の冬に元気に彩ってくれた株を、初めて翌年も再生してみようと試みました

球根ですから、基本的には毎年楽しめるはずなんですが、よくあるこどもの球根を作りません。

地中海原産で、日本の気候にマッチしているわけではないので、翌年も楽しむのは大変らしい。

完全に水遣りを断って、球根を休眠させる方法がよく紹介されているのですが、いざ寒くなってきて確認すると、しぼんで枯れてしまっていることがほとんど。

今回は、ずっと水遣りを続けて、厚くなり過ぎない北側の屋外で管理してみました。

花屋の店頭に立派な鉢が並ぶ頃になっても、まったく花芽が出てくる気配がなく、やっぱりダメかとあきらめかけていたんですが、2月ごろからぽちぽち花が出始めました。

今年の新しい鉢がそろそろそ終わりかけになっているのですが、まだまだ元気いっぱいです。

2018年4月15日日曜日

自宅居酒屋 #7 厚焼き玉子


出汁巻き卵焼きともいうかな。

まぁ、卵焼きですが、これがなかなか難しい。

砂糖が多いと焦げますよね。出汁を入れすぎると固まりにくいしね。大きく作ると崩れやすいし、けっこう職人技が必要。

お寿司屋さんの詳しい人は、初めての店ではまず最初に卵焼きを注文するなんて話がある。だって、寿司職人の力量がわかるからなんだそうです。

何しろ、運動会とかの弁当であまり大きくない卵焼きを作るくらいしかやったことがないので、とにかく大きいのは大変。

出汁を使うのが本当でしょうけど、簡単にここはよくある顆粒状の出汁の素でごまかしましょう。卵が薄まらないので、一石二鳥というものです。

大根おろしと大葉を添えれば、立派な出来栄えです。

2018年4月14日土曜日

自転車シェアリング


某コンビニの店先に、急に自転車が何台も並んでいてびっくりしました。

自転車族の集会でも始まったんかいな、と思ったら、どうも違う。幟が立っていて、自転車シェアリングと書いてある。

ほほぉ~、自転車の貸し出しということか。コンビニのコンビニたる所以、あると便利の実践の一つということですよね。

実際はHello Cycleというシステムに、コンビニも参画しているものらしい。

並んでいるのは、全部ママチャリと呼ばれる類のものですが、電動アシストタイプで、まぁ快適に走れそうなものばかりです。

しかも、どうやら自転車は借りた場所ではなく、他の貸し出し場所に返却も可らしい。料金は15分ごとに加算。限度額が決まっていて、24時間を超えるとリセット。ここにあるのは15分で60円、24時間最大1000円です。

このシステムがうまく使えるかどうかは、自宅の近くにステーションがあることと、特に重要なのは駅近のステーションがあるかというところだと思います。

HPにステーションの地図が掲載されているのですが、現時点では少なくとも横浜市北部付近では駅まで徒歩数分の範囲のステーションは皆無という感じ。

思い付きは良いと感じますが、この事業の行く末はまだまだ不透明。自転車は走る距離は短いので、近距離にステーションがたくさんないと便利さを実感できないと思います。

少なくとも、このコンビニが系列店すべてで始めるくらいでないと広がらないかもしれませんね。


2018年4月13日金曜日

自宅居酒屋 #6 なめろう


そもそも、釣り上げた魚を船上で調理するのが鮮度命の「なめろう」なら、どこの店だって美味しさにかなうわけがありません。

これは鯵を使ったもの。しかも、自分で三枚におろす手間はかけず、あじのたたきとして細かくなって売っているものを便利に使っちゃう。しかも、スーパーで仕事帰りに買うから、50%引きだったりする。

刺身のつまについてくる大葉は、この時ばかりは捨てません。できれば、追加で買ってたくさん入れた方がいい。それと長葱。こまかく切って混ぜます。

味付けは、醤油と生姜。後はお好みですが、味噌、日本酒などを使ってもいけます。全部を混ぜ合せて、冷蔵庫に30分くらい置いて味を馴染ませれば出来上がり。

簡単でしょ!! 旨いでしょ!! 酒がすすむでしょ!! だけど、体重が・・・まぁ、気にしないで食べましょう。