2016年9月25日日曜日

レンズ再考 (2) 今の自分に合うセレクション

さて、昨日の続き。1年間、毎日一眼レフカメラを持ち歩いたうえでの結論としては、自分の場合のレンズの組み合わせとして、現時点で最良の組み合わせを考えると次のようになります。

まず、望遠域は簡単。これは今まで通り、SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMを使いたいと思います。思い切り超望遠ができて、とっさの場合にはいっきに標準域の50mmもカバーできます。



さらに、利点としてフルサイズ・レンズであることが挙げられます。APS-Cサイズ専用レンズは、確かに安いのですが、今後のカメラ本体のグレードアップで使えなくなる可能性があります。

超望遠ですから、暗めになるのはあきらめるしかありません。このクラスで明るいものを求めるなら、価格でゼロ二つくらい増えることを覚悟しないといけません。

そして、広角域については、APS-C専用のSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMのフルサイズ用が、同じSIGMAにありますが(しかもリニューアルされたものが発売間近)、結局広角端しか使わないのは同じですから、わざわざ暗めのものを選ぶ必要はありません。

ただ、フルサイズ用の12-24mm F4 DG HSM Artが近日発売予定で、ズームは必要ないのですが12mmの超広角の画角は一度知ってしまうと捨てがたい魅力があり、価格によっては選択肢になるかもしれません。

そこで、現時点で登場するのが、広角単焦点レンズです。単焦点にすることのメリットは、構造が単純化して解像度が上がり、価格も抑えられる。そして、何よりも明るいレンズを選べるというところ。

SIGMAは、その点がんばっています。本来はニコンのカメラを使用しているわけですから、豊富な純正ニコンのレンズを探すのが本道なんですが、以前から価格が安いSIGMAを使用していましたし、そもそもレンズそのもののデザインが圧倒的に好みです。

最近のSIGMAは、レンズのシリーズを再構築していて、特にARTシリーズの評判は高い。低価格で純正を凌駕する性能のものも少なくないと、高評価です。

F1.4の大変明るい広角単焦点レンズが、今のところ焦点距離20mm、24mm、35mmの三種類そろっています。さらに標準域では50mmもあり、85mmの中望遠も近日発売という状況です。

広角の画角の面白さを考えると、多少使い処が難しくなるかもしれませんが、一番広角の20mmの焦点距離が魅力的。周辺光量落ちの話も出ていますが、その点はレタッチで修正は可能ですし、フルサイズの超広角であればやむをえない点だと理解しています。

SIGMA 20mm F1.4 DG OS HSM Artなら、超広角でボケを強く出せるので、遠景を広く撮影するだけでなく、比較的近距離の対象物を背景をぼかしつつ入れ込むという使い方ができます。



そして、広角と望遠の間を埋めるのに、最低でもう一本のレンズが必要なんですが、できるだけ持ち歩きのレンズは少なくしておきたいのは今でも同じ。となると、標準ズームを選択するのが一番よさそうです。

となると、焦点距離は50mmを中心として35~100mmくらいをカバーできれば十分かなと思いました。SIGMAで探してみると・・・あるんですね、これが。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art というのがあります。これはまさにストライクなレンズ。大きい重いと言われるのですが、その解像力の高さは特筆すべきと評価されています。



明るさだけが、ちょっと惜しいのですが、ズーム全域でF4を実現しているところはなかなかたいしたもの。一世代前のレンズだとF2.8があるのですが、望遠側が70mmまでで、ちょっと物足りない。いつでも、どでかい500mmのバズーカを持ち歩く元気はありません。

どうしても標準域でボケを強く出したい写真を撮りたい場合は、ArtシリーズからF1.4の35mmか50mmの単焦点を追加してもいいかもしれません。



フルサイズへの移行も念頭に置いて、探していくとSIGMAファンの自分の選択はこんな感じ。よく一眼レフカメラ愛好家の言う「レンズ沼にはまる」という表現がありますが、さすがに一台のカメラに対してこれ以上レンズをそろえる気持ちはありません。

最低で超広角単焦点、標準ズーム、超望遠ズームの3本、場合によっては標準単焦点、マクロを加えた5本あれば、それ以上のものを撮影する気力も機会もありませんからね。

最初からベストな組み合わせでレンズを揃えるというのは、大変難しいことです。ある程度使っていくうちに、それぞれの方の使い方がわかってくるもの。湯水の如く金が使えるわけではないので、いずれにしても最初のうちはあまり高いものをいきなり用意することはやめておいた方が賢明ということでしょうか。

今回のセレクトも、また時間がたつと必ずしもベストではないようになることは、普通にあることです。できるだけ「レンズ沼」にははまらないようにしたいと思っていますけどね。

2016年9月24日土曜日

レンズ再考 (1) この1年の使い方のまとめ

一眼レフカメラと言えば、使用する最大のメリットは「きれいな写真」が撮れること。

きれいな・・・というのは、何と比べるかということですが、最近では携帯電話の普及で、誰もがスマホについたカメラを持ち歩いている時代。

そのために、コンデジと呼ばれる一般的なカメラは影を潜めてしまいました。コンデジはむしろ、高機能化して、スマホのカメラとの差別化を図っている。

一眼レフが優位に立つのは、当然これらのカメラに対しての話。もっとも、ただシャッターを押せば「きれいな写真」が撮れるわけではなく、カメラ本体と機能を熟知して、何を撮るかということに合わせて最適なレンズを使用するというのが基本的な約束になる。

ですから、自分のようにカメラの機能が多すぎてよく理解していないままに、特に何というわけでもなく、面倒なので1本のレンズで済ましてしまうおうと考えているような輩には、まっとうな写真など撮れるはずもない。

何となくカメラを向けているうちに、たまたま偶然の奇跡の一枚に喜んでいるようでは、とてもとても写真愛好家とは呼ばれるわけもなく、重たい機材は宝の持ち腐れになってしまいます。

そもそも、できるだけ1本のレンズでというのは、一眼レフのレンズ交換ができるという大きな特徴を無視しているわけで、根本的な部分で一眼レフを否定していることにつながる矛盾だらけの振る舞いです。

でも、それにはそれなりの事情というものがあるわけで、さすがに何本もの重たいレンズを常時持ち歩くわけにはいきません。そして、屋外でのレンズ交換というのは、カメラ内へのゴミ・埃の侵入の危険があることや、またレンズ落下による破損の危険もつきまとう。

ですから、1本ですべてをまかなうというのはもさすがに問題ありですが、できるだけ持ち歩くレンズの数は少なくしたいと思うのは、アマチュアとしては許容範囲の話かとは思います。

屋内での撮影が主体の場合は、望遠域は必要ないわけで、むしろ光量が不足しやすい狭い場所で広く撮影したくなることを考えると、広角単焦点レンズが活躍できます。

一般的な標準レンズと呼ばれるレンズの焦点距離は35~75mmで、真ん中をとって50mmくらいが多いのですが、写り込む範囲や歪みが実際に人の目に入る光景に近いという理由がよく言われます。

しかし、実際に人の視野はもう少し広いわけで、標準域の中でも短い35mmくらいのほうが、人の視野に近い。しかし、広角にいくほど周辺が広がるパースと呼ばれる現象が強くなってきます。

極端な例は魚眼レンズですが、さすがにこれで日常をスナップするというのは無理がある。写真としての面白み、美しさを求めるなら焦点距離は24~35mmくらいの広角くらいが無難な選択になるのかと思います。

屋外の風景を切り取る場合には、むしろパースを生かしたダイナミックな写真は見応えがあるので、さらに焦点距離の短い超広角レンズも使って楽しいものです。

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMの超広角ズームレンズ(APS-C専用なので、フルサイズ換算だと12-24mm)を使用していると、想像以上に広い範囲が画角に入るので、大変面白い写真が撮れます。



しかし、広角端の8mmばかりを使用していて、望遠側はほとんど使用していないことに気がつきました。16mmの画角だと、標準ズームの範囲に入るので、実際使用する意味があまり見出せません。

また、屋内での使用は8mmだと、さすがに広角側過ぎて、写り方は不自然と言わざるを得ません。それを良しとするのも一つの考え方ですが、そのあたりをいろいろ考えると、このレンズをふだんから付けっぱなしにするのは無理がある。

つまり、何が言いたいかというと、普段使いとしては24~35mmくらいの広角を中心に使いたいのですが、風景に対しては超広角のみを交換するというのが自分に合っているようだということです。

じゃあ、望遠についてはどうかと言うと、確かにあると便利ですが、比較的使用頻度は少ないということに気がつきました。

自分が通常装着していることが多いのは、SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMというレンズ(フルサイズ換算27-450mm)ですが、まさにこれ一本でほとんど足りてしまうという「神レンズ」なのです。

ところが、望遠端300mmまで引き寄せる写真というのは、特殊な場合になってしまい、その場合はたいていもう少し寄りたくなるわけで、その不満から超望遠のSIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (フルサイズ用)というバズーカ的なレンズを後から購入しました。



手持ちの撮影が基本の自分としては、これ以上さすがに手持ちは不可能な重さですし、そもそも値段がすごすぎて手がでません。

となると標準ズームとしては、そんなに広角側は使わないし、ましてや望遠側はもっと使わないということになって、「神レンズ」と思っていたのは、いざというときに便利な広く浅いレンズだということがわかってきました。

結局、この3本のレンズについていえば、一番の不満はF値が大きいこと。つまり明るくないということで、これは美しいボケが出にくいということにつながる大きな欠点になります。

初心者にお勧めの定番、標準焦点距離の単焦点レンズとしてはSIGMA 30mm F1.4 DC HSM (フルサイズ換算45mm)を最初に揃えましたが、F1.4の明るさからくる写真の美しさは圧倒的です。

経済的に許されるなら、ズームではない単一の焦点距離のレンズをいろいろ揃えている方が明るさでは圧倒的な優位性がありますが、なにしろ本当に何本ものレンズを持ち歩くことになってしまう。

そこで、本数を減らすためにズームレンズは使いたいが、できるだけ明るいものが欲しいという、相反する希望が出てくるわけで、あらためて自分の普段のレンズをセレクトしてみたくなってきました。

2016年9月23日金曜日

お彼岸


昨日は秋分の日。せっかくの休みなのに丸々雨で、気温も上がらず寒い一日でした。

秋分の日と言えば・・・お墓参り。

春分の日と秋分の日の前3日と後3日を合わせた1週間がお彼岸です。

仏教で悟りの世界を彼岸と呼び、迷いや煩悩にまみれた世界を此岸(しがん)と呼ぶわけですが、太陽が真東から登り真西に沈む春分の日と秋分の日は、彼岸と此岸がつながりやすい・・・ということで、先祖供養をする習わしになったということてす。

・・・にしても、やはり天気。雨降りの中で墓参というのは、けっこう面倒。いつもなら入念に雑草取りをしますが、今回は目立つものだけに省略。雨で雑草を抜きやすいのはよかったけど・・・

お線香も省略です。御免なさい。

2016年9月22日木曜日

アンクル・トリス


サントリーのウィスキーの歴史など知る由もなく、昔はレッド→角瓶→だるま(オールド)の順に高級だくらい。

レッドは個性的なCMが印象的で、宇津井健のものが最初に記憶があります。さらに大原麗子の「少し愛して、長く愛して」のキャッチフレーズは、テレビCM史上ベスト10に入るくらいの人気になりました。

サントリー全体では、アンクル・トリスというおじさんのキャラクターが活躍したわけで、そこからトリスバーなる大衆酒場がたくさんできて、最初のハイボール・ブームを生み出していたりしたらしい。

彼は、昭和のサラリーマンを代表する設定で、ちよっとかっこつけて、やや小心者。哀愁漂う人気者です。

アンクル・トリスの楊枝立て・・・昭和のどこの家の食卓にもあったように思います。くるっと回すと、背中には大きくレッドの文字がある。

ところが、今どきの楊枝は頭がこけしになっている。そのせいか、ちょっと長めで、ここに入れると微妙に頭の部分のキャップが浮いてしまうんです。

だからと言って、わざわざ2~3mm短い楊枝を探すのも面倒ですよね・・・


2016年9月21日水曜日

実りの秋


・・・というわけで、収穫の秋となり、だから食欲の秋になって・・・

食べ物が手に入りにくくなる冬に向かって、栄養を脂肪として体内にため込むのが、生物としての本能。

しかし、時代は冬になっても美味しいものが豊富にあるわけで、ここで体重が増えてしまうことだけは避けないと・・・と、思ってはみるものの・・・

周りを見渡すと、樹々にはいろいろな実がなりはじめています。食べれるか、食べれないかは別として、自然が与えてくれる恵みに感謝です。

2016年9月20日火曜日

山霞


またまた台風。

今年は当たり年。各地に被害が出ているわけですが、復旧する暇もなく次が来るので、さぞかし大変でしょう。

連休も雨続きで、せっかくのレジャーも台無し。山裾もたなびく霞で視界は悪く、あえて良く言えば幻想的。


夏の続きのように思っていると、続けざまに陽光がありませんから、気温もずいぶんと下がってきましたので、体調管理にも注意しないといけません。

2016年9月19日月曜日

海外旅行


昭和30-40年代の新婚旅行の定番は熱海、昭和50年代になるとハワイ。

今では、熱海くらいはちょっと日帰りでくらいのものですから、平成人には「マジすかぁっ!!」って、想像もできない話かもしれません。

海外旅行というのは高嶺の花で、そう易々とは行けるものではありませんでした。そもそも、飛行機なるものも、簡単には搭乗できるものではなく、新幹線ひかり号に乗っただけで大威張りできたものです。

自分の場合、飛行機でデヴューは20歳ごろでしたし、初めて海外に出かけることができたのは医者になって2年目の夏でしたか、先輩の夏休みに便乗してのハワイでした。

その後も、新婚旅行で2度目のハワイ、家族全員で3度目のハワイ、外国の学会参加で北欧、パリ、ソルトレイクにそれぞれ一度というのがすべて。

そのすべてが、大学病院勤務の時で、日本の地にしっかりと根を下ろして、すでに16年がたとうとしています。

国際学会に行くというのは、仕事の肩代わりをしてもらえる人がたくさんいる大学病院勤務医の特権みたいなものでしたが、あくまでも勉強のために行くわけで物見遊山が目的ではない・・・とは言っても、せっかくの機会ですから、プラス数日の遊び日程は多めに見てもらえました。

ですから、北欧の時はフィンランドでの学会の後に、スウェーデン、ノルウェイと回ることができました。ノルウェイのフィヨルドの写真なんかを撮る余裕がありました。

でも、パリは本当に学会のみ。当時、入院ベッドの調整係をしていたので、1週間以上空けることができませんでした。一緒に学会に出かけた連中が、スイスに行くというのに一人で帰国です。

ソルトレイクも、ロスから飛行機乗り換えで、言ってみれば山奥みたいなもので、どこに行くでもなく、観光らしきことは市内を半日まわったくらい。

あー、外国行ってみたいというのはたくさんありますが、今では時間的に無理で、こういう話はボヤキで終始するというのは、書き始めた最初からわかっていたことではありますが・・・