2018年2月25日日曜日

古代終焉 (4) 最澄と空海


多くの日本人が「自分は無宗教」だと思っているそうですが、現実には神道や仏教は生活の中の基本的な思想を作り上げるのに大きく関与していることは否定できません。そもそも、大多数の人は「初詣」に行って神に、そして墓参りをして仏・先祖に手を合わせています。

まずは、日本の仏教の歴史をごくごく簡単におさらいしましょう。

仏教は、釈迦によって紀元前450年頃のインドで始まり、中国・朝鮮を経由して渡来した人々により日本に伝わりました。本当の最初がいつだったかは、当然不明。公式には、6世紀なかばの欽明天皇の時代に、百済の聖明王から仏像・経典が送られてきたのが始まりとされます。

神事に携わる役目についていた豪族(物部氏、中臣氏)は新興の宗教に対しては否定的な立場であり、一方蘇我氏は積極的に受容を推進し、しばらくは皇位継承とも絡んで両者のせめぎあいが続きます。しかし、推古天皇の時代になって、厩戸皇子、蘇我馬子ら崇仏派が圧倒的な力を持ち、ついに朝廷内での優位が明確化しました。

8世紀になって、聖武天皇は、仏教の拡大を積極的に進めました。全国に広めるため、全国に国分寺・国分尼寺を創設し、また東大寺大仏造営を行いました。急速な拡大は、僧不足という問題を引き起こし、なんちゃって僧が増えてしまいます。そこで、中国から鑑真を招き戒律の教えを受け、僧になるための制度を整えます。

仏教の力が拡大するにつれ、朝廷に対しても物事を左右する力を持ち出し、鑑真死去後に代わって登場した道鏡は孝謙上皇を操り自ら「天皇」になろうとまでしました。桓武天皇は、反対勢力をそぎ落とす目的で遷都を行った際、仏教の肥大化した力も良しとせず、既存の寺院の新都への移転を認めませんでした。長岡を経て平安京で、新たな寺院を建立し、いよいよ国民全体への仏教普及が本格化する平安時代になりました。

さて、ここで登場するのが、現在でも仏教界のスーパースターとして尊敬され続けている二人の僧、比叡山を本拠に日本の天台宗の開祖である最澄、そして高野山を本拠に真言密教の開祖である空海です。

二人は同時代人であり、同じ時の遣唐使船に乗り中国で修業を行い、帰国後にそれぞれが仏教の普及に尽力し、そして対立もしたことで対比されて論じられる機会が多い。

766年、最澄は近江で比較的裕福な家の子として生まれました。この年は道鏡が法王になり、全盛を迎えた年です。12歳で出家し、14歳で得度し僧侶となりました。19歳で東大寺で受戒し、朝廷が認める正式な僧になります。これで平城京での地位が約束されたにもかかわらず、その数か月後には比叡山に入りました。

人を導くためには、六根清浄(目・耳・鼻・舌・身・意が清らかなこと)の達成、仏法真理の解明、戒律を守り執着を絶つ必要があり、その修業のための入山であり、その結果得た功徳を広く世の人々に施すことを自ら書き記しています。当時の制度化した僧侶制度のもとで、僧になることだけが目的になっていて、世俗化した官僚的な僧が多かったことに対する反発があったことは間違いありません。

霊山に籠り寝食を惜しんで修業を行う最澄は、先達と仰がれ少しずつ仲間が増えていきました。また、いろいろな仏典を集め研究しているうちに、もともと鑑真が持ち込んだとされる天台宗に出会い自分の進むべき道を見出しました。

794年、桓武天皇が平安遷都を行うと、比叡山のことは天皇の知るところとなり、797年に天皇の身辺の諸事のために尽くす10人の内供禅師(ないぐぜんじ)の一人に任じられました。理想だけでは志を実現できないことも理解していた最澄にとっては、天台宗を広めるための絶好の機会を得たということです。定期的な勉強会を開催し、従来の宗派の僧侶たちへも講義を行い、ついに桓武天皇より許されて804年に遣唐使船に乗り込むことができました。

中国で天台宗本山で勉強した最澄は、1年に満たない期間でしたが、修業を認められ、密教と禅の戒律も学び翌年に帰国しました。翌年には、従来の各宗派の分担を改革することに成功しますが、この年、最大の庇護者であった桓武天皇が亡くなりました。

一方、空海は774年に香川に生まれ、幼少から読み書きに秀でており、15歳で都(長岡京)に出て官吏になる勉強を始めます。しかし、ある僧(誰かは不明)との出会いから密教に傾倒し、19歳で大学を辞め、公的制度とは関係ない私度僧として畿内や四国での山岳修行を始めます。何らかの開眼をした空海は、24歳の時に初めての仏教についての書物を著します。その後「空白の7年間」と呼ばれる時期がありますが、おそらく平城旧京であらゆる仏教経典を勉強し、804年、30歳で東大寺で受戒、正式な僧侶になりました。

空海は僧侶になりたてでまったくの若僧であり、理由は謎とされていますが、最澄と同じ遣唐使船団の船に乗ることができました。遣唐使として政府からの公式派遣だった最澄と違い、空海は基本的に私費留学でした。空海の乗った船は、やっとのことで唐に着きますが、長安の都についたのは日本を出て半年後のことでした。

空海は中国密教を確立した恵果の下で学び、異例の速さでその極意を伝授されました。そして806年に、今まで日本には伝わっていなかった大量の経典などとともに帰国すると、809年に平安京に入り、密教の伝道者として急速に頭角を現したのですが、これは「薬子の変」で天皇側について唐風文化を好んだ嵯峨天皇の信認を得たことが大きいようです。

密教についても唐で学んだ最澄は、台頭してきた密教スペシャリストの空海に対して身を低くして教えを乞いました。空海から借りた書物を勉強し、法の伝授の儀式を受けています。

しかし、実は根本的な部分で二人の密教の解釈は異なっていました。最澄は、いろいろな考え方を取り込み最も優れた仏教である天台宗へ統合していくことが目的で、密教も無視できない含有されるものの一つと考えていました。しかし、空海は、密教は通常の大乗仏教と一線を画すより優れた仏法であると考えていたことが決定的な差になっています。

最澄は、そもそものスタートから「万人が仏性を宿した尊い存在で仏になれる」とし「法華経」が真理の教えとしています。空海は、密教以外は言葉で説いた釈迦の教えであり、密教は仏の悟りであり言葉にできないものであり、何かと経典を借りて読みたがる最澄の姿勢に対しては疑問を持っていたようです。最終的には経典を貸すことを止めたことで、最澄との関係に亀裂が入りました。そして、密教を学ばせるために空海の元に派遣した最澄の弟子が、再三の要請に応ぜず空海の弟子になりきってしまったことで、完全に決裂したようです。

最澄は、それまで3か所しかなかった戒壇院(正式な僧侶になるための受戒をする場所)を4か所目として比叡山に作るように働きかけを始めました。しかも、出家・得度の過程が無くても仏の道に進みたいと思う誰にでも受戒をできるようにするというものでした。しかし、その許可が下りる直前の822年に56歳の生涯を終えます。

空海はその後に、平安京の東寺、平城京の東大寺に修行道場を開設し、高野山に念願の本拠地造営に着手します。人間は死後に仏になるという通常の仏教の教えと異なり、空海は生きた身のまま修行により仏になれる(即身成仏)と説き、835年、自ら一切の食事をとらず永遠の禅定に入り(入定)、約2か月後に62歳で亡くなりました。弘法大師の諡号は、921年に醍醐天皇より送られたものです。

2018年2月24日土曜日

Bluetoothが切れやすい


なにも、Bluetoothが短気で怒りっぽいわけじゃない。

Bluetoothはデジタル機器の無線接続規格の一つで、2000年頃から知られるようになり、近距離で常時接続する比較的速度は遅くてもかまわないものに向いているといわれています。

最近は、何でもBluetooth接続になり、各社の独自のワイヤレス・レシーバーを別個に用意する必要が少なくなりました。

ノートPCなどでは、USBの接続口の個数が限られるので、できるだけBluetoothで繋ぐ方が便利だったりします。

デスクトップでも、キーボードやマウスは一度無線に慣れてしまうと、有線は使いたくなくなるので、利用価値があります。

ところが、BluetoothのマウスやキーボードをPCで使おうと思うと、ちよっと時間がたつと接続がすぐに切れてしまい、次に動かしたときになかなか反応しなくていらいらするということはよくあります。

また、接続も必ずしも安定していなくて、一度ペアリングに成功して接続が登録されているのに、次にPCの電源を入れたときに自動で接続されないことも珍しくありません。

これは、しょうがないので、一度デバイスを削除して再登録するしかありません。

使用中に途切れてしまうのは、けっこう困ることが多い。原因はいろいろ考えられますが、多くの場合、PCでは省エネの目的でデバイスの電源をオフにする設定があるのが原因です。

マウスやキーボードについては、この設定を変えることで、たいてい無事に使うことができるので、あらたなPCを使い始めるときには、必ず確認した方がよさそうです。

デバイス・マネージャーを開き、Bluetoothの項目の中から"Generic Bluetooth Radio"または、それに準ずるもののプロパティを開きます。

電源の管理というタブがあるので、そこから「電力節約のためコンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」の□のチェックを外すだけです。

たぶん、ほとんどの場合はこれでOK。ただ、毎月のように新しいPCに触れるわけではないので、いつも忘れていてイライラして、あっ、そうだったと気が付くの繰り返しなんですよね。


2018年2月23日金曜日

ナンとカレー


ドライブの途中で見つけたお昼ご飯。

何とカレーが入っているナンです。

カレーパンみたいなものなんです。

ナンはカレーにつけて食べるのが定番・・・なんで、一緒にしちゃったという発想はわかる。

・・・なんですが、カレーパンのいいところは、外はカリカリ、中はふにゃふにゃ。

これは、外もふにゃふにゃなんです。

う~ん、味は悪くないのですが、カレーそのものがソースだけで具がほぼ無いし。

というわけで、イマイチなんで、どこに売っていたかは書けません。

偶然発見したら食べてみてください。

2018年2月22日木曜日

更科 @ すすき野


近いので一番よく利用する蕎麦屋が、横浜市青葉区すすき野にある更科です。

いわゆる、こだわりの手打ちの名店とかではない街の普通の店ですが、毎度登場するだけの「バカにできない」旨さがあります。

まず、更科というだけあって、蕎麦の実を磨き上げた「吟醸」作りの白い麺が美味しい。細くてもしっかりとしたこしを感じます。

そして、冷たくても温かくても汁が絶品です。昆布・鰹中心の当たり前の出汁なんでしょうが、醤油と砂糖のバランスが最高です。ついつい飲み干したくなる。

今回は、あまり注文したことがないのにしようと・・・鴨汁つけそばにしてみました。

せいろについては文句なし。ポイントは「鴨汁」です。当然、ちゃんと鴨肉が入っています。香りを引き立てるため、汁は温かくしてあります。

大変美味しくいただきました。ただ、強いて言うなら、ざっくり切った焼いた長葱も入っていたら・・・最高です!!

2018年2月21日水曜日

古代終焉 (3) 平安京を棄てろ


時の天皇の息子は「箱入り」で育てられるのは当然ですし、ましてや774年に生まれから病弱ともなれば、桓武天皇の息子、安殿(あて)親王はかつての平城京で大切に育てられたことでしょう。長岡京に移り、安殿親王は785年に立太子します。

当時、天皇や皇太子の護衛についていた、今でいうSPみたいな役職が帯刀舎人です。793年に、桓武天皇の帯刀舎人が皇太子の帯刀舎人に殺された事件があり、天皇は激怒して犯人を捜索・処刑しています。事件は、安殿親王がやらせたという噂ありと、わざわざ日本後紀には書かれています。

桓武天皇も、女性に対してはけっこう出自を気にせず妃にしてしまう方だったようですが、皇太子も親を見て育ちますから似た様だったみたいです。新しい宮仕えの娘に伴ってやってきた母親の色香にやられてしまいました。その人物こそが、桓武天皇の右腕、長岡京造営責任者であった藤原種継の娘、薬子(くすこ)でした。

薬子は生年不詳で、当時何歳だったのかはわかりませんが、すでに既婚者で5人のこどもを生んでいたようですから、若くても20歳代後半だと思います。おそらく皇太子は二十歳前後。この関係には、さすがに桓武天皇はダメだしをして、薬子を皇太子の起居する東宮から追放しました。

805年、桓武天皇は体調を崩し、自分の余命を覚悟します。後事を託すため皇太子と政府重鎮を呼び出しました。しかし、安殿皇太子は当初これを拒否して参内せず、周囲から説得されてしぶしぶ出かけた様です。そして翌年桓武天皇崩御により、第51代の平城(へいぜい)天皇として即位しました。平安京になったのに、なんで平城に戻った諡号なのか不思議ですが、それには深い理由がありました。

とりあえず、新天皇は政治には意欲的に取り組む姿勢をみせたのですが、自由になって薬子を宮に呼び戻し、薬子の夫を九州へ左遷したことで話は歪んだ方向へ進み始めます。この頃、続日本紀には種継暗殺の記述は削除されていたのですが、薬子の意向もあって平城天皇はこれを復活させました。

種継暗殺および早良親王廃太子のエピソードは、祟りとなって様々な凶事の根源にあると考えられたため、桓武天皇は早良親王に祟道天皇という敬称を与え、追善法要を行い、そして続日本紀の記述を削除していたのです。薬子からすれば、父親の業績が抹殺された思いだったのでしょうし、平城天皇からしても自分の皇位継承の妥当性を明らかにするための記述の復活だと考えられています。

薬子にすれば、天皇の皇太子時代に引き離され、父の業績の記録は消され、そして何よりも父が命を懸けた長岡京が棄てられたことにより、桓武天皇に対しての恨みは相当な大きさになっていたのだろうと想像できます。

808年、天皇の弟の一人であった伊予親王が、藤原北家の藤原宗成に謀反を勧められます。このことは密告により露見し、首謀者とされた伊予親王は母共々幽閉され抹殺されました。これは藤原式家の薬子、その兄である仲成の陰謀だったようです。翌年、病弱な平城天皇はわずか34歳、在位3年ちょっとで薬子の反対を押し切って弟の神野皇子に譲位し、平城上皇となって平城京に移り引退したかのように見えました。

即位した第52代嵯峨天皇は、当初平城上皇にだいぶ気を遣っていたようで、平城上皇の高岳親王を皇太子に立てています。しかし、平城上皇の政策の見直しから対立が始まり、810年に、ついに平城上皇は「貴族たちは、平安京を棄てて、皆平城京に戻れ」と平城京還都の詔を出しました。

嵯峨天皇は、還都に従う態で自分の腹心である坂上田村麻呂らを平城京に派遣し、まず藤原仲成を捕らえ追放・処刑、薬子の官位を剥奪します。これに対し、平成上皇はついに挙兵し力づくでの皇位重祚を画策しますが、素早い嵯峨天皇の対応に万事休す。上皇は剃髪して出家、薬子は服毒し自害、高岳親王は廃太子されました。

この一連の流れは、「薬子の乱」と呼ばれます。嵯峨天皇は、続日本紀から再び種継暗殺の経過を削除しました。平城上皇は、その後についてはほとんどわかりませんが、824年にひっそりと亡くなりました。

鴨長明は「方丈記」の中で、「大かたこの京のはじめを聞けば、嵯峨の天皇の御時、都とさだまりにける」と書いています。つまり、平安京が都として定まったのはこれらの事件の後からという認識でしょう。悠久の古都は、やっとスタートについたということです。

2018年2月20日火曜日

雨水


雨水は、気温が上昇してくるのにつれて、雪が雨に変わってくる頃ということ。

山々では雪解け水が増えだすので、川の水量が増してきて、農耕を始めるのに適した時期になった知らせとなります。

今年は北陸を中心に大雪が続き、いろいろな記録を塗り替えていますので、大変な地域では、まだまだそんな雰囲気ではないかもしれません。

首都圏では、今日あたりにまた雪が降るという天気予報でしたが、近づくにつれて結局雨か曇りに変わりました。

朝の冷え込みは多少緩んできていて、手袋は無くてもいいかなと思えるくらいになっています。いろいろなところで、冬の終わりを感じるようになってきました。

ついこの前、蕾だった盆栽の梅も数日前に開花して、見頃を迎えてきました。

2018年2月19日月曜日

古代終焉 (2) 平安京遷都と藤原氏


桓武天皇は、即位と同時に皇太子にしていた弟の早良親王を、藤原種継暗殺に連座したとして流刑に処し憤死させました。そして新たに立太子したのは、自分の長男である安殿親王でしたが、その時まだ12歳。

遂に長岡京棄都を決断し巻き直しを図る桓武天皇は、平安京の造営に対しては積極的でした。ただでさえ今までになく長期にわたり都として栄えた平城京を棄都しただけでも、かなりの軋轢が生じていただろうところへ、10年と経たずにさらに長岡を放棄するというのですから、天皇自らの強権を発動させるためには当然だったのかもしれません。

そして794年に桓武天皇は詔の中で、「自然の地形に守られたこの場所は、平安が続く都にふさわしい」と延べ遷都を敢行しました。ただ、そのど真ん中を東西に分ける大きな賀茂川があるのは、長岡でも水害に悩まされた経験からも、水路は必要ではあるが困りました。

現在の京都の地図を見ると、二条城のすぐ東を北から南へまっすぐ細い堀川が通っていますが、実は、これが本来の賀茂川の流れで大方を埋めて流れを人為的に東寄りに移動させたもの。当時の技術からしても、相当大きな土木工事だったと思われます。遷都後の都完成を推進するための機関として組織されたのが「造営吏」で、そこに登場してくるのが和気清麻呂、菅野真道らの重要官僚たちでした。また秦氏、物部氏らの氏族も技術系集団として登用されています。

ここで、少し藤原家のことを整理しておきたいと思います。藤原家といえば、その祖は中臣鎌足。中大兄皇子、後の天智天皇の最大の参謀でした。亡くなる直前に藤原姓を天智天皇からもらったことから始まります。

鎌足の次男の不比等が藤原家を継ぎ、文武天皇からは不比等直系のみが藤原姓を名乗ってよいとされました。娘の宮子は文武天皇夫人で、聖武天皇の母親です。不比等には4人の男子がいて、武智麻呂が南家、房前が北家、宇合が式家、麻呂が京家として藤原四家を興します。しかし、四人とも737年の天然痘の流行で相次いで亡くなりました。

南家の武智麻呂の次男、仲麻呂は、力をつけて孝謙天皇の最大の片腕となり、孝謙天皇も仲麻呂私邸に住むようになりました。聖武上皇崩御により、天武系皇太子の道祖王を廃して大炊王を皇太子にしたのは仲麻呂の暗躍によるものです。757年、橘奈良麻呂の乱では、殺される対象にされました。その後、孝謙天皇は道鏡にのめりこんでしまい、764年、自ら藤原仲麻呂の乱をおこしますが失敗し斬首されました。

式家長男の広嗣は、次第に反藤原勢力が台頭してきたことで、740年に反乱を起こし処刑されました。次男の良嗣は、兄に連座して一度流刑になりましたが、数年後に許され地方官僚に回されます。762年、当時最も力を持っていた南家の仲麻呂暗殺計画が露呈し失脚しました。

そして八男が百川で、天智系の光仁天皇即位の裏でかなり暗躍したらしい。772年、光仁天皇が井上内親王の廃皇后、他戸親王の廃太子し、翌年、山部親王、後の桓武天皇を立太子したのも、すべて百川が裏で天皇を操ったといわれています。長女、旅子は桓武天皇夫人になり、次女、帯子は安殿親王皇后になっています。

三男清成の息子が、長岡京造営最高責任者で暗殺された種継です。桓武天皇の信頼が厚く、天武系を切り捨てるために長岡遷都を進言しました。長男は仲成、娘に薬子がいます。薬子は自分の娘が安殿親王の妃になった時に、一緒に宮仕えに上がったところ、安殿親王の寵愛を受けることになり、これに合わせて兄の仲成も出世しかなり傲慢な振る舞いをしたようです。ここで、仲成、薬子にとって父親の種継が命を懸けた長岡京から平安京遷都はかなりのショックだっただろうということが後の事件の伏線です。