2017年10月21日土曜日

日本古代史を学びなおす


昨年、建国記念日をあらためて考えてみたら、日本人として日本の国はそもそもどうやって成立してきたのか興味を持ちました。

「自分探し」というのは、しばしば話題になるテーマですが、当然すべての日本人の原点を突き詰めていけば、すべて同じ方向に向かっていくはずですから、日本の古代史は究極の自分探しであると言えます。

その流れがあって、昨年は伊勢神宮、今年は出雲大社に出かけてみた・・・と言うと大袈裟ですが、現代に残る歴史に埋もれた場所に実際行ってみると、その場所の空気感みたいなものがあって、その意味を知りたくなるというのは自然の成り行きです。

本来は、行く前にしっかりと勉強して行けば、より意味深い旅ができるのですが、行ってみて初めて何を知るべきなのかわかるところが多い。
ですから、もう一度勉強をし直してから、もう一度訪問した時は得るものも多くなると思います。

日本の古代史のスタートとして、基本的な文献として認知されているのは古事記・日本書紀です。この二つの書をまとめて記紀と呼ぶようですが、いずれも天武天皇(第40代、在位673年~686年)のアイデアで編纂が始まったことが知られています。

古事記は成立が712年、日本書紀は720年に成立していて、自分の印象としては古代史を語るにはわりと新しいと感じます。

もっとも、文字があって初めて歴史が記録されていくわけで、日本に文字が普及しはじめたのは5世紀頃といわれていますので、記紀の成立は遅れること数百年は長すぎないかということです。

あ~、ここで昔々高校で習った歴史を思い出すことになります。

622年、聖徳太子が無くなると蘇我氏は増長します。天皇さえ凌駕する勢いのため、645年に中大兄皇子(後の天智天皇)、中臣鎌足(後の藤原鎌足)らによって蘇我入鹿が暗殺されるクーデターが乙巳(おっし)の変。

この時に、入鹿の父親の蘇我蝦夷は邸宅に火を放ち自害するのですが、それまでの朝廷の歴史書を保管する書庫も同時に焼け落ちてしまいました。

焼失した多く歴史を記載した書物を暗記していた稗田阿礼(ひえだあれ)の語りをもとに太安万侶(おおのやすまろ)が編集し、日本人向けに刊行されたのが古事記であり、一方対外的な国史書として作られたのが日本書紀です。

なるほど。だから、成立時期が新しいわけです。しかも、歴史は勝者の記録ですから、伝承の上に都合の良い創作も加わり、さらに一人の記憶に頼って再編集という作業の結果、たくさんの謎が生まれることになりました。

古事記全三巻の中で、特に面白いのが初めの神話部分。そのまま読めば、ほとんどファンタジーの世界で、しかもかなりエロっぽい話がてんこもり。

しかし、まったく無からの創作というのは、かえって難しく、それらのエピソードの元となる事実は何かしらあった可能性は否定できません。歴史的には旧石器時代~縄文時代~弥生時代前半あたりのことでしょうか。

また記紀を通して、ほぼ抜け落ちているのが欠史八代と呼ばれる初代の神武天皇後の第2~第9代天皇の時代。これらの8人の天皇については、名前の記載はあっても実質的な内容が無く、実在そのものについても諸説が混沌としています。

弥生時代後期を中心とした西暦で1~5世紀くらいにあたる時期だろうと思いますが、実はこの時期に外国の資料から実在したと考えられているのが3世紀ごろの卑弥呼で有名な邪馬台国。

おそらく各地方にあった強権勢力の一つですが、記紀にはまったく出てこないため、謎は謎を呼ぶ存在です。

古墳時代に群雄割拠した勢力の中から、4世紀以降にヤマト王権が飛びぬけて日本を統一していくのが飛鳥時代であり、日本という国名が使われ始めるのは701年の大宝律令以後でここから奈良時代。

というわけで、この辺りまでの歴史が知的好奇心を大いにくすぐるわけです。特にファンタジー色濃厚な神代の世界を学びなおすことは、事実を確認する資料がほぼ無いために、大いにロマンがあるところ。

そして、これらの摩訶不思議な世界と現代をつなぐことができるのが神社です。神話の中の八百万の神々を祀り、それぞれの由来を知ることは古代史に秘められたミステリーを紐解くきっかけになりそうです。

最近は御朱印集めという、ちよっとしたブームがあって、神社仏閣で参拝した記録となる「スタンプラリー」みたいなもので、パワースポット巡りという側面もあります。

いろいろな神社を訪れてみるモチベーションになりますから、合わせて楽しみながら御朱印をこつこつと集めてみるのは良い方法だと思います。

2017年10月20日金曜日

でごいち


世の中には鉄道ファンという方はたくさんいて、とにかく乗るのが趣味という人を「乗り鉄」と呼んだりするし、鉄道模型にはまる人もいます。

中には走っている列車の写真を撮るのが好き! という、「撮り鉄」と呼ばれる方々には、レトロな蒸気機関車、しかも実際に走っていれば憧れの被写体というところ。

申し訳ありませんが、自分の写真趣味にはあまり関係ないところで、そもそも子供の頃に蒸気機関車はすでに走っていなかった。

ですから、特に懐かしさはないわけで、どちらかというと新登場してきた「新幹線ひかり号」が鉄道ではスターの地位にある感じ。

それでも、「でごいち」という言葉としての懐かしさは多少なりとも感じるわけで、大多数の方には蒸気機関車の代名詞くらいになっているんじゃないでしょうか。

確かに、今どきの軽量合金かなんかでできている電車が走るよりも、重量感のある鉄の塊が煙を吐きながら疾走する姿の方が見応えはありそうに思います。

現代の価値観からは実用性は無い物の、文化史としての価値は十分に認めるところですから、何かしらの形で未来に遺していくのは悪いことではありません。

2017年10月19日木曜日

第21回田園都市リウマチフォーラム


田園都市リウマチフォーラムは、自分も世話人の一人になって、リウマチ診療を専門にしている開業医のための勉強会です。

元々、悩んでいる症例を相談する会として始めた会を発展させたものですが、知識を新しい情報にアップデートするために、自分たちが何を知っているべきかを確認できる大事な会です。

ですから、世話人会の中で、今一番ホットに話題は何か、もう一度注目する必要があることは何かなど、リウマチ医として必要なテーマを吟味してそれぞれに精通した講師を招くというスタイルを貫いてきました。

2010年の秋以来、年に3回、昨夜の会で第21回を数えました。ここまで続くと、けっこう横浜・川崎界隈では周知された会として認識されるようになったのではと思います。

さて、今回は基礎の勉強。講師は順天堂大学の三宅幸子教授で、リウマチ診療に関係した免疫学の基本的なことを講義してもらいました。

そもそもリウマチは「自己免疫性疾患」というくくりに入ってくるわけで、治療もその異常な免疫をおさえることを行っています。免疫学を抜きにしては、理解はできない・・・

・・・のですが、この免疫学というのは大変難題です。30年以上前に授業で教わったときは、生理学の中の一コマとしてさらっと聞いただけ。たぶん、現在では当時の何十倍もの情報量になっており、しかも日々のアップデートが半端ではありません。

昨日正しいと思っていたことが、翌日には書き換えられてしまうことは当たり前。教科書は出版されたときには、過去の話の集大成にすぎないというのも日常茶飯事です。

今回の講演では、もうほとんど聞いたことがない単語が山ほど出てきて、正直とても就いていけない内容でした。これで「基礎」なんですから、もうほとほと困るとしか言いようがない。

ただし三宅先生のお話は大変お上手で、テンポよく臨床との関連をうまく指摘しながら進めていくおかげで、最後まで興味深く拝聴できました。

リウマチで「実行犯」とも言えるサイトカインについて、少なくとも今後調べるためのとっかかりを作ってもらえた気がします。

さて、話は変わりますが、今、日本の医学界で製薬会社との関係はずいぶんと変化してきました。いろいろな問題から、製薬会社の医療側への利益供与を控える動きは加速しています。これは当然のことで、それを批判はできないとは思っています。

このような講演会を行うことにはお金がかかりますし、当日のマンパワーも必要です。自分たち開業医だけで行うことは難しく、製薬会社にスポンサーについてもらわないと成り立ちません。

しかし、昨今、そのための制約がおおきくなっており、基本的に自社製品に関連しないテーマの講演は難しくなっており、またその内容についても事前に「検閲」する傾向になっている。

病気を知ることは、一つ一つの症例の積み重ねが重要です。この会でもできるだけ各自が経験した症例を検討する機会も随時設けてきましたが、まだ事実として認定されていないことを話題にしてはいけないらしい。

実際に医療を行っている自分たちが、本当に知りたいことを中心に会を続けていくのがかなり難しい状況になってきているのです。スポンサーについてもらう以上、製薬会社の意向に全面的に逆らうわけにはいきません。

ただ、そうなると製薬会社の単独主催の講演会と同じになってしまい、はっきり言えば「薬の宣伝」のための、特定の薬品の話だけを聞く説明会と変わりがない。

今回のような、比較的「地味なテーマ」の話は本当に重要なのに、積極的にスポンサーの薬の話が含まれるわけではないので、今後は難しくなりそうな状況です。

せっかくここまで続けてきた会ですから、このスタイル(薬に限定されないテーマの講演+症例の検討)を崩すのだけは否だというのは世話人の共通意見です。

最悪、場所はクリニック、講師へのお礼は本当の薄謝、参加者は手弁当みたいな形式で、参加費を値上げして完全自前で行うしかないと覚悟しています。

次回から、まだ自分たちの主旨をある程度理解し協力してもらえる製薬会社へスポンサーが交代しますが、何とか田園都市リウマチフォーラムを「由緒ある会」として発展・継続できるように考えています。

2017年10月18日水曜日

元祖「パンダ」


もともとパンダといえばこれ。

いわゆる白黒のパンダが有名になってしまい、こちらはいつのまにか「小さい方」のパンダと呼ばれるようになってしまいました。

今は、上野でも人気のパンダはジャイアント・パンダ、こちらのはレッサー・パンダと呼びますが、単にパンダと言えばでかい方。

なんか、可哀そう。しかも、レッサーというのは、「小さい」といっても「劣っている」という意味合いもある。

ですから、できるだけ別名であるアカパンダ(レッドパンダ)と呼んであげましょう。

10年くらい前に後足で直立する風太くんというアカパンダが人気になりましたが、それが普通ではありません。普段はゆっくり、ごろごろしているのかも。

2017年10月17日火曜日

黄色のかぼちゃ


今年も巷ではハロウィンの時期になってきました。

本来は、完全に日本とは無関係のイベントですが、何でも無分別に吸収してしまうのは日本人の良い所(?)なのか・・・

ハロウィンと言えば黄色いかぼちゃ。普通、日本で食用にしているのは kabocha です。ハロウィンで出てくる黄色の南瓜が punmpkin です。

歩いていたら、ライトアップならぬ、パンプキン・アップしているお宅がありました。

だいぶかぼちゃ好きなのか、家自体にもたくさんハロウィンの飾り物をしていました。

どうでも良さそうなことですけど、やっている側は楽しいものですよね。

2017年10月16日月曜日

インフルエンザ予防接種


インフルエンザは毎年12月に入ると流行りだし、1月にピーク、3月ごろに収束というパターンです。

予防接種は高価が認められており、接種してから数週間後に効果が出始め数か月維持できることから、11月中の接種が理想的。

ところが、だいたいニュースで流行しはじめたという話を聞いて12月以降にバタバタと接種する方が多い。例年はそれでもダメなわけではないのですが、今年は事情が違います・・・

というのは、

ワクチンの製造量が極端に少ない!!

ということなんです。横浜市や医師会を通じて、再三ワクチンが少ないことの注意喚起が回ってきます。

毎年、年明け早々に次のシーズンで流行するインフルエンザのウイルスの型が予想され、それをもとにワクチン生産が開始されます。

その型が当たれば効果はしっかり出るし、外れると罹患する患者数が増えます。だいたい当たらずとも遠からずで、極端に外れることはあまりありません。

ところが、何故か、今年はそのウイルス型の決定がかなり遅れてしまったそうです。したがって、ワクチン接種が始まるこの時期になっても、まったく生産が必要量に追いついていないということです。

当然最終生産量はかなり減ってしまうと思われます。とは言っても、この何年かの使用最低実績分くらいにはなると言われてはいます。

各医療機関も、現状でワクチン確保が困難で、例年通りには入荷していない状況だと思いますし、発注しても次の入荷がいつになるのか不透明という事態になっています。

ワクチン接種ができないと、今シーズンは、流行の期間が長く続き、また患者数の増加が予想されます。

ですから、今シーズン当初は、高齢者、乳幼児、免疫不全の病気がある方、リウマチなど免疫に弱点を作る薬を使っている方、あるいは受験生などを優先的に接種することになるかもしれません。

それ以外の方は、ワクチン接種はできない場合もあるかもしれませんので、例年以上に感染予防には厳重に注意しましょう。

2017年10月15日日曜日

茶の木の花


ペットボトル飲料が普及して、わざわざ急須でいれなくても、手軽にお茶を飲む機会は増えたと思います。

お茶の原料は茶の木の葉っぱ。茶の木というと、植物学的には何の樹木かと思ったら、まさに「チャノキ」という植物。

チャノキはツバキ科の常緑樹で、10月~12月にかけてツバキに似た白い花が・・・咲きました!!

実用植物みたいなもので、あまり盆栽向きではない。ですから、どちらかというと普通の鉢植えという感じで、ほとんど陽が当たりにくい隅っこでほったらかし。

9月になって、花芽のような丸い目が出てきたので、様子を注目していたら、膨らんで蕾になって、そしてついに開花です。

ツバキに似た形ですが、小さめで白い花弁がけっこう愛らしい感じ。しばらく楽しめそうです。