2017年8月1日火曜日

東急ハンズ


もともとは渋谷区民でしたから、1978年に東急ハンズがパルコの裏にできた時はこんな場所にと驚きとともに、ずいふんと変わったもの、だけど斬新な面白い物ばかりがある店として喜んだものです。

ハンズは東急グループの「ホームセンター」という立ち位置にあるのですが、ちょっと便利なもの、へぇっと感心するもの、他ではまず見つけられないものがたくさん取りそろえてあって、生活にゆとりを持たせてくれる。

渋谷の店舗に行くと、まずエレベータで最上階に行くのが始まり。各階は、ちょっとずつ高さがずれたA・B・Cの3つのフロアからなっていて、順番に見ながら降りしてくるのがお決まりのコース。

お店には悪いのですが、実際に購入するのは数百円程度の文具が中心でした。ですが、けっこうな時間楽しめて、時にはどうでもいいものに出費したこともないわけではない。

今は、あちこちに店舗が増えましたので、自分のテリトリーにも何か所かありますが、あの建物全体がハンズという渋谷店ほどの売り場面積はどこにも無い。

似たような店なら伊東屋というちょっと高級感のある品を取りそろえる大型文具店がありますが、小さいハンズはカジュアル感で差別化している文具店的な存在なのかなと感じます。

まぁ、大きくても小さくても、ちょっと暇つぶしにもってこいの場所であることは今も変わりません。

0 件のコメント: