2012年7月5日木曜日

ドンペリ

木村拓哉といえばキムタク。博多の祭りと言えばドンタク。かけっこでびりっけつになるのはドンジリ。そして、シャンパンといえば・・・

いゃぁ~、ずいぶんと無理矢理的な前置きです。シャンパンというと、フランスのモエが有名で、だいたい5000円前後でしょぅか。これでも、十分すぎるくらいにおいしいわけで、たいていは1000円ちょっとのシャンパンで満足してしまうわけです。

ドンペリ、正確にはドン・ペリニヨンはモエのシャンパンの最高級品ですから、一番安く買えたとしても10000円以下と言うことはない。

さてさて、実際近所の酒屋さんに行ってみると・・・15000円でした。箱に入っていると17000円だって。いろいろと事情があって、買わないわけにいかないので、当然箱無しで。

いつも発泡酒350mlで120円くらいしか飲まないので、かなりの気合いがいりましたが、店員さんに「これちょうだい」というときは、ちょっと偉くなったみたいな錯覚に。でも、お金を払った後の財布を見て、一気に現実に引き戻されてしまいました。

0 件のコメント: