2016年8月16日火曜日

伊勢志摩巡り(1) 志摩

今年はサミットという、国際政治の大舞台となった関係で、伊勢志摩の注目度が俄然高くなりました・・・というわけで、行って参りました。

まぁ、言葉としてよく使われているので伊勢志摩と呼んでしまうのですが、実に気の毒なのは鳥羽。伊勢と志摩の間に挟まって、何となく忘れられやすいのですが、ここも外せない大事な観光スポット。

そんなわけで正確に言うと、伊勢・鳥羽・志摩、パワーをいただく2泊3日旅行!! という、突然お盆の渋滞時期に思いついた旅を紹介しましょう。

今回はそのPart 1です。

何しろ、一番帰省ラッシュの始まる時期ですから、横浜を出発したのは午前4時半。これなら大丈夫・・・と思っていたのは浅はかな話で、この時間でもすでに横浜青葉から伊勢原バス停までの渋滞は始まっていました。

それからはしばらく楽勝ですが、今回は行の時間短縮のためフェリーを利用する予定で豊橋まで東名高速道路を走る予定だったのですが、浜松で事故渋滞。浜松でおりて、あと80数キロを一般道で伊良子岬までいきます。

で、伊良子岬についたのが午前11時。

快晴で、すでに気温は相当上がっていましたが、レストハウスで休憩したりして、暑さはしのげます。この時期は、着いたもの順で、そんなに大きなフェリーではないのですが、まぁ、便数があるのであまり心配ないようです。

船に乗ってしまうと55分の船旅。着くとそこは・・・もう鳥羽です。あれ、目的地に着いちゃいました。フェリーだと楽ちんです。

午後1時。まずは腹ごしらえ。鳥羽の有名な店を探して、いきなりの鮑・伊勢海老に舌鼓です。何しろ海女の本場ですから、海の幸を堪能しないと何しに来たんだかわからない。

その後は、一路、南西方向に車を走らせます。1時間もかからずに、到着した最初のパワースポットは、天岩戸です。


天岩戸といえば、天照大神が弟のバカ騒ぎに怒って隠れてしまったという洞窟。ここは、道も細くて観光バスは入れませんから、自家用車じゃないとなかなか行けない場所。

十分に神聖な雰囲気が漂う場所で、高さが1mくらいの小さい洞窟がありました。奥からは気持ちの良い冷気が流れ出てきます。滝行を行う場所もありましたので、その気がある方にはお勧めかも。

そこから南下していくと、またまた1時間もかからずに志摩に到着です。志摩といえば英虞湾、英虞湾といえば賢島、そして賢島といえば・・・サミット会場になった志摩観光ホテルクラシック


この時期だと、バカ高い宿泊料金で、普通の旅館なら5泊くらいはできそうな・・・とまではいかないにしても、さすがにここに泊まるわけにはいきませんので、見るだけ見てきました。

賢島駅周囲が一番賑やかな場所なんでしょうか。その中で、一際目を引いたのが、松井真珠店の店構え。明治38年創業で、まさに昔ながらの大正・昭和の雰囲気が色濃く残っています。


そのあとは、英虞湾の観光クルーズ船に乗ろうと思っていたのですが、それより英虞湾を高いところから見渡せて、リアス式海岸の状況がよくわかる横山展望台に向かいました。


横山ビジターセンターに駐車して、そこから展望台まで徒歩で上がります・・・が、これがけっこうな距離です。ぶっちゃけ運動不足の身にはかなりこたえました。

だらだらと坂道をあがるだけでも大変なんですが、最後のところにある長い階段が辛い。辛いのですが、やっとの思いで上がったところから見渡す景色はまさに絶景です。

英虞湾の複雑に入り組んだ海岸線が一望にできて、車で来た方には絶対のお勧めスポットです。ただし、脚力は十分に鍛えておきましょう。

ここまでで午後4時30分。ゆっくりと温泉に浸かりたいので、とりあえず志摩巡りはこれでよしとします。今宵の宿は的矢湾の中にある渡鹿野島です。車は船乗り場の手前に駐車して、船で島に渡ります。

温泉にゆっくり入った後は、たくさんの海の幸で大満足。さぁ、明日は鳥羽です。

0 件のコメント: