あすなろ整形外科クリニックからのお知らせ

年末年始は12月29日(金)~1月4日(木)を休診します
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします

2017年6月3日土曜日

ゲゲゲの鬼太郎


今更言うまでもない、漫画家水木しげるの代表作。

ただ、貸本の時代は知らない昭和中期に少年だった自分の場合、水木しげる作品としては1961年に実写版で連続ドラマとしてテレビ放映された「悪魔くん」の方が「ゲゲゲの・・・」よりも認知度としては先行していたと思います。

悪魔くんが魔本陣の中で「エロイムエッサイム、我は求め訴えたり」と呪文を唱えるのはかなりインパクトがありました。

「悪魔くん」の人気で、次に「ゲゲゲ」をメディア・ミックスしたのは出版社のいろいろな作戦があったらしいことは、いろいろな回顧録でいわれています。

「ゲゲゲ」のテレビ・アニメは再三行われたので、幅広い世代に知られるているわけですが、当然自分がよく見ていたのは1968年から1972年の第1~第2シリーズと呼ばれる頃だと思います。

実は、子供の頃から週刊誌を毎週見るという習慣がほとんどなかったので、原作の漫画についてはほとんど読んだことはありません。ほぼテレビがすべてかもしれません。

一昨年、水木しげるは大往生されましたが、妖怪という密かに民話などの中で細々と語り継がれる「文化」をメジャーなものにした功績は大きいわけで、漫画文化史上では、昭和の時代を語るうえでは必出の作品であることは疑いの余地がありません。

0 件のコメント: