2016年6月15日水曜日

手打ちそば きくち @ 盆栽町


盆栽を見ようとさいたま市北区、つまり昔で言う大宮市の盆栽町に行きました。埼玉県は、まったく土地勘はありません。さて、そこで昼ご飯をどうしようということになり、さくさくっと検索して見つけたのがこのお店。

とにかく、店構えからして、それなりに食べさせてくれそうな雰囲気がただよう手打ちそばの店です。

とにかく初めての店では、看板メニューを食べるのが基本。口コミで一番評判の、三色そばを注文しました。それと、蕎麦の前に、手打ちそばとくると鴨。これも味をみておきたい。


鴨焼きです。厚みがあって、これはなかなかの鴨です。こうなると、蕎麦の方にも、がぜん期待が膨らんでくる。


いよいよ、真打の登場です。薄茶色の蕎麦、緑色の蕎麦、そして真っ白な蕎麦がせいろに並んで出てきました。

当然、茶色は普通の蕎麦です。いかにも手打ちらしい味と歯ごたえで、いやもう十分に美味しい。さて、次は緑。まぁ、これは普通なら茶そばですが、濃い緑が混ざっているのでよもぎかな。

一口食べて、意外な展開で驚いた。これは大葉を使ったものでした。大葉の香りが、さっと広がってさわやかさを強調してくれる。これはなかなかGood Jobだと思います。

そして、真っ白なのは、細めのうどんのように見えるのですが、食べてみると蕎麦の味がする。しかも、ちょっと甘みが感じられるんです。これは、ひょっとしたら・・・

店員さんに確認したら、通称白雪と呼んでいて、予想通り究極の更科でした。更科は蕎麦の実を磨いて、できるだけ中心部を使うのが特徴です。お米でいったら吟醸みたいなもの。この白雪は、まさに蕎麦の大吟醸でした。

十分に楽しめましたので、次に盆栽町に行った時も、また寄らせてもらいたい店としてナビに登録しました。

0 件のコメント: