クリニックの2017年夏季休診のお知らせ

① 8月14日(月) ~ 8月16日(水)

② 9月21日(木) ~ 9月25日(月)

2回に分けて休診いたします。ご注意ください。

2016年6月9日木曜日

せこい、せこすぎる


ある意味、伊勢志摩サミットのような重要な政治ニュースすら影が薄まってしまった感がある、東京都知事問題。

政治問題としてはあまりのレベルの低さに、うんざりするしかないのですが、いまだに連日のようにワイドショーを中心に取り上げ続けています。

少なくとも、後年「映画化」されるような、深い深い問題が潜んでいることもなく、主役のあまりの政治家としてのお粗末さは、笑い話のネタにくらいしかなりそうもない。

そもそも、東京都議会が全国ネットでテレビ中継されるなんてことは、そうそうないことです。都知事だけでなく、質問する方も含めて、ほとんど「学芸会」のような議事進行は、都知事のレベルの低さに拍車をかける素因になっている感じがします。

そんな中で、テレビを含めて公開の場で、ヤジではなく「せこい、せこすぎる」となじられた政治家はいまだかつていたでしょうか。

まだまだしばらくは、テレビを中心にメディアはこのネタを続けるんでしょが、やらなくなると「のど元過ぎれば」状態で忘れ去られ、何事もなかったかのように都知事は居座り続けることになりそうですから、もうしばらくは我慢しなくちゃいけなさそうです。

1 件のコメント:

meitei さんのコメント...

東京都は名知事に恵まれません。賛否はさまざまでしょうが、美濃部、青島、石原さんと功罪の〝罪〟も少なくない方々が突出して当選しています。知名度だけが利いてくる人気投票。堅実な実務派の人材では当選出来ない仕組みになってしまっています。今度の桝添さんの選挙時は多くの都民が彼に期待したと思うのですが、あっさり裏切られました。

辞任→都知事選挙で選び直しとなるんでしょうけど、立候補が噂されてる顔ぶれでは、同じようなタレント候補になるような気がします。いっそ知事公選を止めて、都議会議員の互選にでもした方が良いのでしょうか・・・民主主義の危機ですね。