クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2020年9月29日火曜日

Blue Mitchell / Blue's Mood (1960)

マイルス・デイビスが好きだと、トランペットについては他の人はいなくても困らない感じで、あまり興味が湧かないという弊害があったりします。

とは言え、サックスよりは少ないかもしれませんが、ジャズ・トランペッターもたくさんいて、マイルス的ではない別の魅力があったりするものです。

ブルー・ミッチェルは、マイルスよりちょっと若くて、表舞台に登場したのは50年代末。すでに、ハード・パップが定着した時期で、ミッチェルもある意味典型的なハード・バッパー。

クリフォード・ブラウンほどの超絶テクニックではなく、マイルスほど陰影濃くない、比較的素直な明るめの音色が特徴なのかもしれません。

このアルバム「ブルース・ムード」は、ジャケットも青を強調していますが、あくまでも「ブルー」のムードであって、呼び名はブルー(本名はリチャード)ですが、ブルースではありません。

でも、当時のジャスのアルバムとしては、精錬されたデザインで好感が持てます。横からのミッチェルの姿もシャツアウトで、ラフなカジュアル感が漂います。

ここでピアノを弾くのは名バイプレイヤーのウィントン・ケリー。ここでも、全体の雰囲気を壊すことなく、サポートとソロでなかなかの活躍を聴かせてくれます。

全編でミッチェルのオープンな音がリラックスして親しみやすく響いてくる、トランペットのワン・ホーン・クアルテットのアルバムとしては、一押しの名盤になっています。