クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2021年10月22日金曜日

スタートレック V 新たなる未知へ (1989)

Mr.スポックのレナード・ニモイから変わってメガホンを取ったのは、つい先頃90歳で宇宙旅行して話題になったカーク艦長のウィリアム・シャトナー。オリジナル・クルーによる映画版「スター・トレック」としては「The Final Frontier (邦題:新しい未知へ)」という副題を付けて最終話として完結するはずでした・・・が、世間の評判があまりにも悪かった。

スポックの異母兄で、論理よりも感情を選択した異端のバルカン人、サイボックは中立惑星のニムバス3で反乱を起こし管轄する地球人、クリンゴン人、ロミュラン人の代表を人質にします。そこで、新エンタープライズが修理・調整中の間、休暇を取っていたクルーの面々は非常呼集されニムバス3に向かうことになりました。

この新エンタープライズがあまりにポンコツ。転送装置は壊れていて使えない。ブリッジのドアはちゃんと開かない。通信を表示するスクリーンもダメ。得意の航星日誌の記録装置も壊れている。

サイボックの目的は、惑星シャカリーに行くために連邦の宇宙戦艦を奪取することで、神に会い究極の知識を得るのだという。サイボックは心を操る術を持っており、簡単にエンタープライズは乗っ取られてしまうのです。これはある種の洗脳のようなんですが、それぞれの人が持つ根源的に持つ苦痛(トラウマ)を察知し視覚化して再現する能力らしいのですがわかりにくい。

古くからの伝説の地シャカリーは銀河の中心、危険なグレート・バリアを超えた未踏の世界・・・らしいのですが、簡単に到着します。多少の揺れさえ我慢できるなら、とっくに誰かが到着してそうなもんですけど。

出会った「神」は・・・神でもなんでもなく極地に幽閉されていた何かの悪党らしい。カークをやっつけて男を上げようと追ってきたクリンゴン艦が、急にいい人になってカークを助けて、両者は仲良くなりました。おしまい。

という、正直、肝腎ところはごく簡単に済ませてしまった感じで「・・・らしい」の連続。生粋のファンは、もう黙ってはいられませんよね。主役はサイボックみたいな感じで、カークたちはサイボックにうまく利用される役どころ。「神」という大きな存在を出してきた割には、簡単な幕引きです。

カーク、スポック、マッコイの三人の固い友情がテーマ・・・完結編的な意味合いとしてはこっちの方が重要なんですが、だとすると、サイボックとか出さずに自らの意思でエンタープライズがシャカリーを目指せばいいじゃんとなる。この内容には似合わない前作では好評だったジョークも散りばめられ、それをストーリーの中に引きづるのもいただけない。

実際のところ、1989年のゴールデンラズベリー賞の最低作品賞・最低監督賞・最低主演男優賞を受賞という結果に終わっています。まぁ、好き嫌いは個人の勝手なので・・・