クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2017年12月3日日曜日

キリスト教徒じゃないけど待降節


キリスト教の1年は、今日から始まります。

キリストの誕生を願って、静かに4回の日曜日をじっと待ちます。この期間は待降節 (advent) と呼ばれます。

想像してみましょう。

しんしんと降る雪の夜に、暖炉にはわずかな薪から小さな炎が立ち上がっています。

テーブルの1本ロウソクの灯のもと、静かに家族が身を寄せ合って・・・

キリストが無事に誕生し、世界に光が射すことを静かに祈っている・・・

・・・なんてね。

少なくとも、ツリーを飾り立て、ライトアップで喜んでいる場合じゃない。

ヨハン・セバスティアン・バッハは、ライプツィヒの聖トーマス教会で、毎週日曜日に礼拝のための音楽を演奏していました。

でも、待降節は別。原則として音楽は禁止。毎週、超忙しいバッハもこの期間は、少しだけ息が抜ける・・・わけがない。

だって、クリスマスが来たら、そこから新年まで怒涛の礼拝が続くので、待降節の間にバッハは大量の音楽を用意しておかないといけない。

お気の毒です。せっかくですから、バッハのご苦労の賜物、教会カンタータを1年を通して聴いてみるのもいいと思いますよ。今なら間に合います。