クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2020年7月14日火曜日

Sonny Clark / Cool Struttin' (1958)

最近は、様々な業種と同じく、いろいろなレコード会社が統廃合され、ジャズの世界でも名門と呼ばれたレーベルが随分と整理されてしまいました。寂しくなった半面、その結果、一人のアーティストのまとまった録音の集大成ボックスも廉価に登場するというメリットもあります。

50~60年代にジャズの世界を活気づけたレコード会社のトップは、やはりBLUE NOTEだったのかもしれません。多くのヒット作を生み出し、今でも名盤と呼ばれる多くのアルバムが作られました。

この「Cool Struttin'」も、特に日本で人気が高かった一枚。一頃のジャズ喫茶でリクエストされる定番で、店ではすり切れたレコード盤を何度も買いなおすことがあったようです。わかりやすいテーマ、ファンキーなアドリブの競演、そしてのりのりになれるリズムは、何度聞いても飽きることがありません。

ソニー・クラークは、やはり薬物中毒で、わずか31歳で亡くなりました。20歳ごろから活動を開始し、50年代後半、BLU NOTEからリーダー作や伴奏での参加作品を、短い活動期間に多数録音しています。

ここでは、アート・ファーマー、ジャッキー・マクリーンの二人も、まさにファンキーにスイングし、リズムは鉄壁のポール・チェンバースとフィーリー・リー・ジョーンズが担当します。

街を行くタイトスカートでハイヒールを履いた女性の足だけの写真というジャケットも秀逸でインパクトがあります。ミュージシャンの顔だけのジャケットが多い中で、アルバムのかっこよさをこれほどうまく伝えた物はあまり記憶にありません。

オリジナルは全4曲で、今は追加曲も含まれる形で販売が続いていますが、廉価ボックスもいろいろあって、半世紀以上たっても入手しやすい一枚です。