夏季臨時休診のお知らせ

8月13日(火)~8/17(土)は臨時休診いたします。ご注意ください

2020年2月14日金曜日

ペンの森


いくらインク沼は楽しいと云っても、インクだけではしょうがない。

当然、書くための道具が必要です。羽根ペン、ガラスペンなどマニアックな筆記具もありますが、普通に使われるのは万年筆です。

さしづめ、インク沼があるのは深い深いペンの森の中。ペンの森に生えているのは、大多数は万年筆という感じでしょうか。

羽根ペン、ガラスペンはインク瓶に直接ペン先を付けて使用するものですが、イラストを描きたいとか、ちょっとずつ色を変えたい向きには便利。ただし、たくさん字を書きたい時にはめんどうです。

一方、万年筆は基本的にたくさん文字を書くために、インクをペンの中に貯めておける仕組みが一番の特徴です。

ペン本体がスポイドのようになっているもの、ペン中にスボイド様のものをはめ込むもの、そして最初からインクがつめられたカートリッジになっているものがあります。

インク沼を楽しむためには、スボイド様のものをはめ込むのが手軽にインクを交換しやすい。この道具のことをコンバータと呼びますが、国際規格みたいのがありますが、メーカーによっては独自のものが多々あるので注意が必要です。