クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2022年2月14日月曜日

ザ・ファブル (2019)

岡田准一のアクション満載の大ヒット映画。監督は江口カンという人で、正直よく知りません。岡田准一がかなり風変わりな殺し屋を怪演し、一部の殺陣などの指導しました。

こどもの頃から、ボス(佐藤浩市)に殺し屋として育てられたファブル(岡田准一)は、あまりにも完璧な仕事ぶりで闇の世界では伝説と化していました。ボスはファブルに1年間、大坂で普通の人として暮らせと命じ、その間、人を殺すようなことがあれば、俺がお前を殺すと言うのです。

ファブルは佐藤明、相棒は妹の佐藤洋子(木村文乃)と名を変え、ボスの知っている大阪のヤクザ組織に出向きます。二人は家を借り、明はチラシ作りの仕事に就きました。組織の二番手、海老原(安田顕)は出所したばかりの狂犬、小島(柳楽優弥)が弟分でした。

小島はたまたま見かけた明の仕事仲間である岬(山本美月)を脅迫して、エロビデオで儲けようとしますが、組織を乗っ取ろうとしている砂川(向井理)が仕向けた殺し屋フード(福士蒼汰)らに岬もろとも拉致されます。

明は海老原に小島を助けてくれと頼まれ、砂川が根城にしているビルに飛び込むのでしたが、ボスとの殺しはしないという約束を守るため苦戦を強いられるのでした。

元々は南勝久のマンガが原作。当然、原作は読んでませんけど、荒唐無稽なこの設定はマンガならではというところ。大勢の銃を持った敵を相手に、殺さないという条件でバタバタと倒していくのは、いくら最強の殺し屋と言っても無理がありますが、ひたすらかっこよく動き回る岡田准一がその嘘を本物っぽくしているところはさすがです。

まぁ、あまり難しいことはいわずに楽しめばいいという作品。日本で作れる映画としては、立派なエンターテイメントとして成立していました。