クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2020年9月2日水曜日

Modern Jazz Quartet / The Last Concert (1974)

ジャズ史上、最も有名なコンボというと、やはりモダン・ジャズ・クァルテット (MJQ) ということになる。

ヴィブラホンのミルト・ジャクソンがミトル・ジャクソン・クァルテット (MJQ) を母体に1952年に結成し、ピアノにジャズの哲学者、ジョン・ルイス、ベースのパーシー・ヒース、ドラムにケニー・クラークという布陣。1955年にドラムはコニー・ケイに変わりましたが、1974年に解散するまで鉄壁のグループとして君臨します。

この解散の理由は、リーダーのミルトの意向で、名声は得ても経済的な成功に不満を持っていたためと言われています。経済的に成功と言えない最大の理由は、やはり音楽監督を務めたルイスの方向性かもしれません。

クラシック嗜好が強く、室内楽的な実験的演奏も多かったMJQは、全体的に「難しいことをするグループ」という印象が強く、特に自分の場合、最初に聴いたのが、まさに実験的な「Comedy」というアルバムだったのでことさらです。

ただし、いろいろ聴いてみるとハード・パップ期の熱気も十分に感じられる演奏も少なくない。初期のAtlanticレコードのスタジオ盤のいくつかは代表作としてしばしばあげられますが、1974年の解散コンサートのライブは、まさにMJQの集大成。

バッパー・ミルトのスイング感と、理論派ルイスのかみ合った極上の時間が凝縮した演奏が展開されます。特に、日本では、1曲目の「Softly as in the Morning Sunrise」がテレビ・ドラマで使用されたりしたこともあり有名。

それ以降、MJQのヒット・パレードのように名曲が次から次へと登場して、今では完全盤として2時間半があっという間です。その後1981年に再結成し、1994年まで断続的に活動しました。