クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2014年5月27日火曜日

AKB48襲撃事件

AKB48が襲われた、とテレビのニュース速報で流されたのは驚きでした。単なる好きな人だけのタレントの世界を超えて、社会現象の一つとして今の日本がAKB48を認めているということでしょうか。

天下のNHKも、ニュースの中で負傷したメンバーは総選挙××位の◯◯のように紹介し、AKB48に感心が無いものには、ほとんど無意味なはずの情報も合わせて紹介していました。

今回の事件の犯人は、もともと熱狂的なファンというわけではないらしく、襲撃するのは誰でもよかったというような話をしているらしい。

今までにも、タレントが巻き込まれる事件はいろいろありましたが、ほとんどはタレントに対しての思いが大きくなりすぎて、独占欲が膨らみすぎた場合か、その思いを叶えられないことに対しての恨みを持つようになるケース。そして、後は、個人的なトラブルでしょう。


公開の場で襲われると言うのはそう多くは無いようで、記憶にあるのは松田聖子・・・あとは、美空ひばりくらいか。

有名人というのは、無差別事件の被害者になる可能性は、一般人よりも高い事は否定できませんが、その分、簡単には会う事はできません。今回のAKB48のように、「会いにいけるアイドル」というコンセプトは、そういう芸能人の敷居の高さを逆転させたことが大きな人気につながりました。

その根幹を揺るがす事件の可能性は、当然スタッフも承知していたはずで、今までにもどこまで規制するかというジレンマはあったはず。

襲われ、実際に負傷者が出てしまうと、今後模倣犯的な事件の発生もありうるわけで、今までのようにはいかないでしょう。

整形外科医の立場からは、刃物で切られたのなら縫合は比較的しやすいのですが、のこぎりが凶器だと、単なる裂傷とは言っても組織の挫滅を伴うので、傷跡も残りやすいし、機能障害も残す可能性が高い事が心配ですね。