クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2022年5月15日日曜日

ポルペッテ・アレ・パターテ


ポルペッテ・アレ・パターテ(Polpette alle patate)は、「じゃがいもでミートボール」という意味。まぁ、自分たちが知っている一番近い料理はコロッケかもしれない。

まず、じゃがいもを茹でます。ただし、毎度のことながら、じゃがいもを茹でるというのはけっこう大変。そこで、ビニール袋にじゃがいもと水を少々入れて、デンシレンジでチンしてしまうという時短技を使います。

やり過ぎると、じゃがいもが縮まって固くなってしまうので注意。大きめのじゃがいも一個だと、500Wで5分くらいでしょうか。芯まで熱くなるので、安直ですが効果的な方法です。

大きめのじゃがいも1個をチンしたら、皮をむいて潰しますが、多少の塊は残ってもOKです。そこに混ぜていくのが、じゃがいもと同じくらいの量の牛挽肉、割りほぐした卵1個分、パルミジャーノレッジャーノ・チーズ10gくらい、お好みの量のイタリアンパセリのみじん切り。

さらに味付けに使うのが、いわゆるみじん切りにしたボローニャ・ソーセージ。量が足りなければ塩を多少追加して、胡椒を振ったら全部をよく混ぜ合わせます。見た目は牛挽肉多めのコロッケの中身というところ。

ミートボールですから、直径数cmくらいの団子状に丸めたら、周りにパン粉をまぶしてフライパンで焼いていきます。何度か焼く面を変えて、全体がキツネ色になったら出来上がりです。この量でだいたい10個分くらいになります。

衣をつけて揚げるわけではないので、比較的簡単に仕上がるところが嬉しい。チーズとイタリアンパセリの香りが加わって、普通のコロッケよりもイタリア感がましましです。一口サイズなので、ちょっとしたワインのお供にも合うし、普通にご飯のおかずでも大丈夫です。