クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2021年9月19日日曜日

ミッション: 8ミニッツ (2011)

デボッド・ボウイの息子、「月に囚われた男」でデヴューしたダンカン・ジョーンズの監督第2作。8分間のタイム・ループの中で起こるサスペンスを描いた作品です。原題は「Source Code」で、これだけだとどんな映画かわからない。邦題もネタバレ感があって、ちょっと残念かもしれません。


タイトル・バックのヘリコプター撮影はなかなか見事。ドローンが普及した今では、似たような撮影は簡単になったかもしれませんが、高高度で長時間の撮影はヘリコプターには勝てません。

アメリカ陸軍パイロットのスティーブンス大尉(ジェイク・ジレンホール)は、シカゴ行き通勤列車の中で目を覚ましますがまったく状況が理解できません。向かいの席に座るクリスティーナ(ミッシエル・モナハン)は親し気に話しかけてくるが記憶にない。洗面所に行くと鏡に映る顔は別人で、持っていた身分証には教員ショーン・フェントレスとなっています。そして8分が経過した時、大爆発が起こりスティーブンスを含めて乗客は全員死亡します。

次にスティーブンスが目を覚ましたのは、カプセルの中のような場所でした。グッドウィン大尉(ヴェラ・ファーミガ)がモニター越しに「爆発の原因や犯人」について話しかけてきます。混乱が続く中で、スティーブンスは再び最初の同じ場面に戻されるのです。スティーブンスは洗面所の天井に隠された爆弾を発見しますが再び大爆発が起こります。

グッドウィンは、これはすでに発生した連続テロ事件の一つで、携帯電話を使用して爆発させたのだろうと話し、次は怪しい人物を探すように言って再び8分間に送り込みます。今度は、スティーブンスは怪しい男の後を追って手前の駅で嫌がるクリスティーナを連れ立って降りますが、爆発は防げませんでした。

さらに混乱を深めるスティーブンスは、今朝の列車テロで死んだフェントレスの脳に記録された最後の8分間の記録を取り出し、疑似体験させていると説明されます。実は、スティーブンスはアフガニスタンで戦死しており、脳だけが生きていたのです。

何度かの8分間の繰り返しで、ついにスティーブンスはついに犯人を突き止めます。その情報を元に、現実の世界で犯人は逮捕され、さらなる大規模テロは阻止されました。しかし、スティーブンスは、過去は変えられないことは理解しているがもう一度このプログラム(ソース・コード)に入り、そして生命維持装置を切ってくれとグッドウィンに頼みます。

スティーブンスは爆弾を解除し、犯人を車内に拘束し、グッドウィンにメールを送信しました。そして8分間が経ち、グッドウィンは装置を切ります。しかし、ソースの中でスティーブンスは存在し続け、クリスティーナと伴に新たな道に踏み出すのでした。

この複雑なプロットはなかなか理解するのが難しいと思いますが、ラトリッジが作った他人の脳から取り出したソースコードの中に、別人が入り込みパラレル・ワールドを人為的に作り出しているということらしい。ただし、取り出したソース・コードは8分間がリミットで、それを過ぎると精神は元の肉体に戻る。戻る肉体が消滅すれば、精神は戻らずにパラレル・ワールドで生き続けるということのようです。

最後のメールを受け取るのは、パラレル・ワールドのグッドウィンであり、その世界ではスティーブンスは脳だけが生かされ続けているわけで、フェントレスに乗り移ったスティーブンスと同時に存在する、ある種のパラドックスが生じています。当然、これらを明快に説明はできないでしょうし、映画としてはその必要も無いのかもしれません。

アイデアとしては実に面白く、この困難な状況を映像化することについては一定の成果を上げているように思います。繰り返される同じシーンを、しだいに状況を理解して演じ分けていく出演者の上手さと、監督のセンスの良さが光っているのかもしれません。