年末年始臨時休診のお知らせ

12月28日(水)は午前のみの診療です。  12月29日(木)~1月4日(水)は休診いたします。  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。    

2021年9月4日土曜日

総理、辞めるんですか?


お気の毒・・・と言っていいのかもしれません。現総理大臣が、事実上の辞意表明で、菅政権は1年で終了ということになります。

このところ、与党総裁選挙と衆議院選挙が近づいて、もう完全に政権与党の心国民にあらずの状態に突入していました。政界のことに詳しい人からすれば、今回の辞意は必ずしも予想できなかったことではなく、起こりうるシナリオの一つだったらしい。

でも、一般人にとっては唐突。前日まで悪あがきともいえる、権力維持のため見境ない作戦をいろいろとやっていたらしい報道ばかりでしたから、まさに寝耳に水の話です。

結局、なんとか総裁の座を守るための動きが、かえって菅おろしの風を強くして自らの首を絞めたという・・・だからお気の毒ということなんでしょうか。

コロナ対策に力を注ぐためという理由でしたが、だったら総理の椅子を渡すことは矛盾しているように思います。臨時国会を召集することもしないので、あと1か月とない任期では何も成果は生まれない。正直に反対勢力に勝てないと悟っただけ・・・と言うわけにはいきません。

コロナ渦の問題のさなかに、前首相の突然の辞任で、国民の審判を受けることなく総理大臣になった方。前政権では裏方的な存在で力を発揮した方。でも、言い方を変えれば、裏方だからこそ発揮できる力は、表に立っては空回りしかしないということを証明した方。

横浜市長選挙で自分の地元ですら、応援した候補にNOを突き付けられたことが、大きかったような話がでていますが・・・どうなんでしょうか。横浜市民としては、政権に対する批判票というよりは、単純に急に出てきた候補者そのものに信頼を寄せられなかっただけという感じがしていますけど・・・

何にしても、こういう権力闘争が自民党の本質であり、そして政治そのものなのかもしれないと、いろいろな意味で落胆させられる話です。