年末年始臨時休診のお知らせ

12月28日(水)は午前のみの診療です。  12月29日(木)~1月4日(水)は休診いたします。  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。    

2021年3月5日金曜日

だからジェネリックは信用されない


・・・と思われてもしょうがないという、「大事件」です。

医療費抑制の一環として、数年前から国を挙げていわゆるジェネリック医薬品が強く、強く、強く推奨れています。

しかし、主成分が同じというだけで、実際に薬として体が吸収し効果を発現するためのさまざまな特許がすべてオープンになっているわけではない。

中には、まったく効果が怪しいジェネリックに多数存在します。もっとも、そういうジェネリックは早々に表舞台から消えていくわけです。ですから、処方する立場からは、何でもジェネリックにするというのは、どこか引っかかるところがある。

つい最近も、ジェネリック・メーカーで爪水虫治療薬への睡眠導入剤の混入という、なんでそんなことが起こるのかという事件がありました。

今回、ジェネリック医薬品の最大手メーカー(葉加瀬太郎氏がCMに一役かっている)が、何と品質検査で「不適合」となったものを適合するように再検査したり、破棄する医薬品を粉砕して再利用したりしていたらしい。

これまでに健康被害の報告はないとしていますが、医薬品の安全・安心を根底から覆す暴挙と言えます。このことによって、ジェネリックを選ぶ患者さんは減少することは容易に想像できます。

ジェネリック・メーカーは群雄割拠し、需要の多い医薬品については多くのメーカーが熾烈なシェア争いをしている現状で大変なのは理解できますが、生産・管理体制が追い付いていないことを露呈している。

安かろう、悪かろうは、医薬品ではやってはいけません。