クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2019年12月24日火曜日

Brigitte Fassbaender & Sergiu Celibidache / Mahler Kindertotenlieder (1983)

マーラー自身が指揮をして交響曲第4番、第8番を初演した時のオーケストラはミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団。それから約70年後に、そのオーケストラの首席指揮者に就任したのが、あのチェリビダッケ。

チェリビダッケは、戦後ボロボロのベルリンフィルを立て直す功績がありながら、ベルリンを追われたみたいな・・・そのせいか、ものすごく物事を斜めに見ているようなところがあって、口も悪いなんてもんじゃない。

何しろ、グスタフ・マーラーのことをやたらの物事をでかくする山師扱い。くずタフ・マーラーとでも言わんばかりの、悪口を叩いています。ブルックナーでは数々の名演を残していますが、はっきり言って、マーラーの音楽は理解の外だったようです。

でもって、マーラーを振ることなんてないと言い切っておきながら、唯一(たぶん)録音が残っているのがこれ。

もっとも、これはブリギッテ・ファスベンダーの見事な歌唱を聴くべきもの。ファスベンダーは、オッターより少し上の世代のメゾソプラノですが、シューベルトの三大歌曲集なども録音していて、リート歌いとしての実力はさすがのものがあります。

「亡き子をしのぶ歌」はテーマがテーマだけに、あまり派手な伴奏は似合わない。ここでは、抑制のきいた伴奏に徹していてファスベンダーの歌唱を邪魔しません。そういう意味では、チェリビダッケである必然性は希薄。カップリングのシュトラウスの「死の変容」と伴に、チェリビダッケが死をテーマにしたライブを行ったというところでしょう。

それにしても、この曲がマーラーの作曲だった知らないはずはないのに、なんで選んだんですかね。マーラーを得意とする指揮者はブルックナーにも手を出しますが、ブルックナーの名盤を遺す人(例えばギュンター・バント)は、不思議なことにマーラーには見向きもしないような気がします。