年末年始臨時休診のお知らせ

12月28日(水)は午前のみの診療です。  12月29日(木)~1月4日(水)は休診いたします。  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。    

2012年1月25日水曜日

錦織、全豪ベスト8

基本的には褒めるべきだと思います。世界4大テニス大会の一つ、全豪オープン。今日は準々決勝が行われ、男子シングルスで錦織が登場。残念ながら世界ランク4位のマーレーに破れ、ベスト4は叶いませんでした。

今日の試合は、錦織のストロークが甘く、先に角度の着いた返球をされ、やっと返すというパターンが多かったように思います。

錦織・フォアクロス、マーレー・フォアストレート、錦織・バッククロス、マーレー・フォアに回り込んで逆クロス、錦織・なんとか追いつくもバックでストレート、マーレー・フォアストレートで錦織の逆をつく。

絵に描いたような展開がしばしば見られました。錦織のストロークの角度が甘いことと、足が着いていけていないところが、勝敗の差になっていたように思います。

もちろん、かなりの高めの気温が疲労につながっているのでしょうが、錦織はここまで、比較的ランク下の選手相手に長時間の試合を続けてきていて、だいぶ疲れがたまっているのでしょう。

さらに、はっきり言うと伊達と混合ダブルスをやって喜んでいる場合じゃない。タイトなスケジュールでは、体調管理もなかなかベストにもっていけるものではありません。

自分は、錦織は比較的早くから注目していましたが、以前の彼のトレードマークだった''Air K''については、絶対に反対の立場をとってきました。空中に飛んでしまうことは、下半身の力を利用できず手打ちだけになるわけで、飛ばないで打つより威力は落ちることは間違いない。

さらに手首を使いすぎることで、整形外科的にも肘を故障することは自明の理でした。空中打法は、下半身の弱点、ボールに追いつくことができないことを補う苦肉の策であるべきです。

結局、当然のように肘を痛めて、しばらくニュースから遠のいてしまいました、しかし、去年から、再び表舞台に復活して、やはり以前のようにAir Kをあまり使わなくなったので、今回のベスト8という結果にもつながってきたのだと思います。

さらに今後に期待できる結果だったと思いますので、是非がんばってもらいたい。日本のテニスがスポーツとして人気があるわりには、もうひとついまだに世界で通用しないという状況を打破してもらいたいものです。