クリニックの夏季臨時休診のお知らせ
8月11日(木) 山の日 通常の祝日で休診です。
8月12日(金)~8月17日(水) 臨時休診します。
8月18日(木)より、通常通りの診療をいたします。18日は木曜日なので、午前のみの受付になりますのでご注意ください。

2020年5月1日金曜日

パチンコ店が目の敵


自粛、自粛、自粛・・・

何とも言えない空気が充満していて、この霧がいつ晴れるのか先が見えない状況が続いています。

どうやら、緊急事態宣言の期間も延長されそうな雰囲気が濃厚になってきました。現状では、解除する根拠もなく、当然と言えば当然だとは思いますが・・・

ゴールデン・ウィークに入り、大都市圏以外の県では「うちに来るな」宣言の乱れ打ちですが、大都市圏以外では感染者の数は確かに少ないのですがゼロではない。

「うちに来るな」と言えるのは、奇跡的にいまだに感染者ゼロの岩手県だけで、その他のところはとにかくよそに行かないことを徹底するアナウンスにして欲しかった。

最近は、「自粛警察」なる言葉が生まれていて、県外車を見つけると「来るな」というような張り紙をしたり、営業している居酒屋にも非難を浴びせる輩が登場しているらしい。

それなりの理由というものがあるはずですから、一概に批判するのは難しい。人と人のつながりが希薄になっていく怖さがあります。「うちに来るな」宣言は、こういった風潮を助長するだけではないかと思います。

一番目の敵にされているのはパチンコ店。

パチンコは、はっきり言ってギャンブルです。今のところ日本は賭け事を禁じているわけですから、法律の抜け穴みたいな産業です。そして、どう考えても、店内での客・従業員の感染リスクは低くは無いでしょう。まぁ、営業を自粛してもらいたい産業の一つであることは間違いない。

自分はパチンコにはまったく興味はありませんし、世の中から消えてもまったく困らない物と思っていますので、彼らをかばうつもりはありません。

でも、バチンコ店が営業を続けている問題では、休業要請を無視した店舗名の公表が行われ、公に行われている自粛警察行為みたいな感じで、ビミョーなところ。

こんなことを言うと、大阪府知事から「気楽なもんだ」と返されそうですが、確かに各地の知事たちは法律に則ってやるべきことをやっているので、公表するまでたくさんの努力をしたとは思います。

しかし、緊急事態宣言そのものに法的強制力が無い以上は、法律を変えるか、ひたすら要請し続けるしかない。やはり、補償とのセットが無ければ、そう簡単には要請に応じられないことは至極当然。

パチンコ店に限らず、店舗の休業は死活問題です。従業員がいる場合は、彼らを守る義務もあります。しばしば日本人の美徳の一つに我慢強さがあげられますが、それだけに頼られても余裕が無ければ無理な話。

パチンコをしたい人が減って自然淘汰ならあきらめもつくでしょうけど、自粛淘汰では抵抗したくなる気持ちもわからないわけではありません。