年末年始臨時休診のお知らせ

12月28日(水)は午前のみの診療です。  12月29日(木)~1月4日(水)は休診いたします。  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。    

2020年5月11日月曜日

WindowsでiPhoneカメラを使いたい


お家で仕事というスタイルは、今までも亡かったわけではりませんが、大多数の人にとっては新しく、そしてこの2カ月くらいで定着してきました。

わざわざ、満員電車に乗らなくてもいいというだけでも、ずいぶんと助かるんでしょうけど、このままずっとリモートワークだけになるかどうかはまだわからない。

テレワークの急激な増加は、パソコン本体は言うに及ばず、周辺機器の特需効果をだしているようです。ある程度の機能を持つものは、実売店舗でも通信販売でも売り切れ状態で、すぐには手に入らないみたい。

今どきのノートタイプは、カメラとマイクが内蔵されていますから、だいたいなんとかなると思いますが、家にあるデスクトップは、カメラとマイクが別に必要であることが多い。

そこで、誰でも手持ちにあるスマートフォンを利用できないかと考えますよね。スマートフォンでも、テレビ会議はできないわけではありませんが、ちょっと画面が小さすぎます。

自分もそういう必要に迫られたので探して見たら・・・ありました。

カメラ・マイクが無いWindowsパソコンに、iPhoneをつないでリアルタイムの動画と音声を送ることができます。

使うのはiVcamというソフト。無料版はロゴマークが入りますが、よほどのことをしたい場合でなければ、簡単かつ実用的に使えます。

iPhoneもWindowsデスクトップにも、それぞれの環境でソフトをいつも通りにインストールします。あとは両方で起動するだけ。カメラ・マイクが無いと認識されていたパソコンでしたが、ZoomでもTeamsでもハードウェアありになりました。

注意としては、基本的には自動で、起動時に同じネットワーク内にある機器間に接続されるはずなんですが、相手を見つけられない場合があります。

この場合は自分でWindowsでパソコンのIPアドレスを確認して、iPhone側に入力すればOKです。

IPアドレスは、ネットワーク上のパソコン固有の住所みたいなものですが、調べ方は簡単。Windowsシステム・ツールの中から、コマンド・プロンプトを起動して、ipconfigと入力してエンターを押すだけ(詳しくはこちらを参照)。

ノートだとカメラの位置がけっこう難しいことが多いので、意外とこっちの方が便利かもしれません。