年末年始臨時休診のお知らせ

12月28日(水)は午前のみの診療です。  12月29日(木)~1月4日(水)は休診いたします。  ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。    

2014年7月20日日曜日

三位一体節後第5主日

この1ヶ月間くらい、サッカーに気を取られて、「カンタータ研究」・・・というほどのことはしていないのですが、やや力が抜けていて、あっという間に三位一体節後も第5主日まできています。

昨日も書いた鈴木雅明の全集も手に入ったので、気合を入れ直して聴いていかないと、このままだとクリスマスもすぐに来てしまいそうです。

三位一体節後第5主日のためのバッハの教会カンタータは、2曲残っていてます。
BWV93 尊き御神の統べしらすままにまつろい (1724)
BWV88 見よ、われは多くの漁る者を遣わし(1726)

BWV93は3拍子系の乗りのいい伴奏に、ゆったりと声が絡んでいく合唱から始まるのが印象的。その後も合唱とソロが交互に出くるような構成で、聴いていて飽きが来ない。

BWV88の方は曲調は明るく、前半はテノール、後半はソプラノが活躍します。

ガーディナー盤では、バッハのカンタータとしては最初期の作品の一つが収録されています。
BWV131 深き淵より われ汝に呼ばわる、主よ (1707)

ワイマール直前、ミュールハウゼンにオルガン奏者として着任早々に作られたもので、大きな火事があったため、厄災を悔い改めるための礼拝用。